読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「坂の街」サンフランシスコのマラソンを走ってきました

こんにちはHRC♡ 麦倉です。

私は今回夏休みを利用して7/31(日)サンフランシスコマラソンに参加してきました。
f:id:hynm_hrc:20160808223144p:plain

ご存知の通り、サンフランシスコは「坂の街」!!
マラソンの記録を目指すにはきっと難しいだろうなと思っていました。
ただ、これだけ坂道だらけの街はなかなかないので、考えを転換し、この坂道を楽しもうと。
Let's Run 坂道!!


舞台はカリフォルニア州サンフランシスコ
季節は夏なんですが、昼間は18℃、夜は12℃くらいの日本では春先くらいの涼しい気候です。
ただ、別名「霧の街」と呼ばれるように、夏の朝夕には深い霧が発生するのです。
さて、当日の天気はどうだったでしょう。

まずは大会のExpoの様子から。
倉庫を使った特設会場のようなものでした。
f:id:hynm_hrc:20160808223016j:plain

参加賞のTシャツとゼッケンを受け取り、グルッと色んな食べ物やオフィシャルグッツなどを見ながら回ることに。
f:id:hynm_hrc:20160808223423j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808223459j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808224028j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808224231j:plain
会場の一番奥に、なんとBeer Gardenがありました。
もちろんID持参していたので、セキュリティの人にIDを見せてBeer GardenにGo!!
そこでビールを飲んでしばし会場を見渡すことに。
f:id:hynm_hrc:20160808223858j:plain

ただ、金曜に行ったからなのか思っていたよりも人もまばらでこじんまりとしたExpoだった印象。


◇大会当日
AM5:35スタートのためAM3:30に起床し、軽く朝ごはんを食べて準備を開始。
まだ外は暗闇。
ホテルをAM4:30頃に出て会場まで30分ほどかけて歩いて行きました。
外はまだ暗がりで、歩いている人はマラソンの参加者くらいのものでした。
手ぶらだったこともあり、会場に着いてみると意外に何もすることなく自分のWaveまで行ってスタート時間までしばし待ち時間。
f:id:hynm_hrc:20160810003633j:plain
スタート直前アメリカ国歌を斉唱し、テンションも上々
f:id:hynm_hrc:20160810003514j:plain
ここ数日の滞在で朝方は曇りで肌寒く、昼前は日差しが強くて日向だと少し暑い感じでした。
気温対策としてキャップ、サングラス、ウォームスリーブをつけていったが、結局ゴールの寸前までずーと曇りで小雨がぱらつく感じだったので結局キャップとサングラスはあまり役に立たず。

「人生山あり谷あり」 まさにこの言葉を思い出しながら一歩一歩と進めて行きました。

ちなみにコースはこんな感じ。
やはりゴールデンゲートブリッジを渡るというのがこのマラソンの一番の目玉でしょう。
f:id:hynm_hrc:20160808224721p:plain
とはいえ走り終わってログの高度を見るとこんな感じに。
f:id:hynm_hrc:20160808224803p:plain

スタートしてから約10kmほど右手に海が見える道をサンフランシスコといえばの「ゴールデンゲートブリッジ」に向けて進んでいきます。
晴れていれば本当壮大な景色が見えるのですが、早朝だったこともあり霧がかかり、ほとんど見えず。。。f:id:hynm_hrc:20160808225110j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808225017j:plain
f:id:hynm_hrc:20160810003430j:plain

名所「ゴールデンゲートブリッジ」を渡りきるとエイドがあり、そして来た道を折り返し、
f:id:hynm_hrc:20160808225347j:plain

ゴールデンブリッジの折り返しが終わると緩やかな下り坂に。
f:id:hynm_hrc:20160808225552j:plain

その後ゴールデンゲートパークの中に。
ハーフマラソンはこちらがゴールということで、ここまでで約20kmを走行。
f:id:hynm_hrc:20160808225814j:plain

パークを出た後は住宅街や大通りを登りと下りを繰り返す。
f:id:hynm_hrc:20160808225926j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808230023j:plain


登りと下りの繰り返しで足に疲労を感じるようになり、ちょっと心が折れそうだなーと思う37km付近。
なにやら賑やかな応援の一角が見えてきました
そのエイドは、なんとビールのエイド!!(多分私設エイド)
もちろんノンアルコールではございません!!
1杯だけですが、このアルコール補給で少しテンションが上がり、残りも何とか歩くことなく前に進めることができました。
f:id:hynm_hrc:20160808231257j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808231318j:plain

ビールからのテンションそのままにゴール直前のサンフランシスコジャイアンツの本拠地AT&Tパーク前での一枚その辺の人に撮ってもらって、
f:id:hynm_hrc:20160808231403j:plain

残り1kmほどを快調に走って無事ゴーーーーーール
最後の声援は人がたくさんいて嬉しいのなんの。
タイムは4時間08分ということでしたが、この坂道を楽しむことができました。
f:id:hynm_hrc:20160808231627j:plain
f:id:hynm_hrc:20160808231702j:plain

坂道の多い大会だろうが、それがその街の特徴だし、その街のスポットを道路の真ん中を走ることができるなんてきっとマラソン以外ないだろう。
街を走って、その街の人たちから声援を受け、自分もこの街に少しは受け入れてもらったのかななんてことを思いなが走っていました。
もちろんタイムも気になりますが、第一に走ることを楽しんでいるのです。

しかし、ホテルまでの帰路が坂道の街だということを恨みたくなるように42キロ走った後の足にはツライものでした。。。

さて次はどこの街に走りに行こうかしらと色んな国のサイトを見ていると楽しくなります。

それではまた!


そういえば・・・
実はマラソンのEXPOの後ビールで少し酔った勢いもあり、事前に調べて行きたいが少し遠くにあったので行こうか迷っていたトレイルランニングショップの「Sanfrancisco Running Company」に行くことにしました。
タクシー配車アプリUberを使ってタクシーを呼び出すとドライバーに「行き先は合っているか」「こんなところに何があるんだ」と質問攻めに。
「Trail Running Sports Shop」と答えるも「変わったやつだな」という不思議な顔をされて一路ゴールデンゲートブリッジを渡り、タクシーで30分ほどかけてお店に向かうことに。
橋を渡るとダウンタウンとはまた違った景色になり、お店ものんびりとした雰囲気を醸し出した良いお店でした。
EXPOではHokaoneoneのブースにこちらのお店の方もお手伝いで来ていたそうな。
お店の方に承諾を得て、店内の写真もパチリ。
f:id:hynm_hrc:20160808232748j:plain

少し話していたら土曜朝にグループランをしているとのことでしたのでまた機会があれば。
f:id:hynm_hrc:20160808232213p:plain
f:id:hynm_hrc:20160808232241p:plain

「The4100D マウンテントレイルin野沢温泉」参戦レポート。

トレイルランニング レース

どうも、こんにちわ。山本です。


先日、野沢温泉で行われたThe4100D マウンテントレイルin野沢温泉」のに参加してきました。

道志村、西丹沢で42キロを走破できたので、迷うこともなく「65Kmソロ」にエントリー。初めてフルマラソン以上の距離をトレイルレースで味わうことになります。

ちなみコースはこんな感じ。

f:id:hynm_hrc:20160802174735p:plain

セクション1で23キロ、セクション2で14キロ、セクション3で28キロ計65キロとなり、セクションを終えるたびに拠点となるオリンピックスポーツパークに戻ってきます。

f:id:hynm_hrc:20160802210400j:plain

スタート前。ともに65キロを走る榎本さんと。前泊したものの、深酒をしなかったためなかなか快調な朝この頃は、初の65キロという距離に対しても臆することなく、楽しむ気まんまん

だが、しかし、思惑通り行かないのがトレイルランニング

朝7時のスタートとともに温泉街を巡り、宿泊したハウスサンアントンのスタッフ及び同行したメンバーに応援をもらい、6キロ付近から山に突入林道に入るとどしゃ降りの大雨が襲い、瞬く間に全身びしょ濡れ。10キロ付近からシングルトラックでは、前後の差もつまり、近くのランナーと話しながら和気あいあいと先を目指します

f:id:hynm_hrc:20160802210445j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210505j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210536j:plain
f:id:hynm_hrc:20160803195516j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210617j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210644j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210844j:plain


長坂ゴンドラリフトのやまびこ駅に設置されたエイドで水を補給して、おにぎりやらオレンジを頬張り、ゲレンデを下ってオリンピックスポーツパークに到着。が、どうも脚に張りを感じる。オリンピックスポーツパークの自販機でコーラを買って靴下を履き替えようと足を上げると脹脛がピクピクとつる寸前。

救護スタッフにサロンパスをお借りして、万全を期したつもりで2週目に突入。美しい白竜湖を眺めながら快調に走れるかと思いきや、そうもいかない。脚の張りは引くこと無く、脹脛から太もも、はたまた足の指までピクピクいってくる始末。なるべく脚に刺激を与えないように進むしかない状態が続きます。

f:id:hynm_hrc:20160802210743j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802210929j:plain


石段を登り小菅神社に到達しても達成感もなく、常に脚の様子と向き合いながらレース展開。なんだかなあ、とは思いながらも一歩一歩足を前に進めます。

セクション2を終えると待ち受けていたのが、この日14キロの部にトレーニングとして参加している新設したフイナム ランニング クラブ♡ トライアスロン ディビジョン(略してHRC Triathlon Division)のメンバーのみなさま。彼らの応援を背に、ザックにヘッドランプを詰め込んでセクション3に繰り出します。

f:id:hynm_hrc:20160803195741j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802211020j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802211046j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802211058j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802211116j:plain
f:id:hynm_hrc:20160802211404j:plain


残りの28キロは、もはや棒と化した脚をいたわりながら、走ることもままならず、なんとか完走を目指す状態。途中のエイドでは道志村でも共に完走した長谷川さんにも抜かれ、後半のロードではエンジン全開の榎本さんに置き去りにされながら、トボトボと、でも着実にゴールに向かっていきます。

この頃には 山は濃霧で5メートル先も見えない状態。上の写真はボート乗り場なんだけど、水が見えないほど濃い霧に覆われていました。

最期はヘッドランプを付けて林道を抜けて、朝イチで走った温泉街を歩ききって、なんとかゴール!

時間にして13時間39分33秒。リザルトのタイムを見ると、セクション1は3時間47分14秒、セクション2は6時間45分24秒。となると明記されてないけどセクション3は7時間弱かかった計算になるのか。いやはやくたびれました

とはいえ、やっぱり山を走るのは楽しい。序盤で脚を使い切ってしまったものの、ハンガーノックになることなく無事完走できて良かったなと。

f:id:hynm_hrc:20160803112153j:plain

ちなみにこの日の頼もしい相棒となったのがスントの「AMBIT3 VERTICAL。事前にルートを登録しておけば、ルートナビゲーション機能で現在地が一目瞭然。そのときのコンディションに合わせたペース配分を可能にしてくれました。ルートを把握することで、疲弊しながらもモチベーションをキープできるんですよね。いや〜、助かった、助かった。

普段使いもいとわないモノトーンの配色も実にスタイリッシュ。気になる方は下記リンクからどうぞ。

www.suunto.jp

ぼくが選曲した「私の疾走プレイリスト」が公開されました。(晴越 編)

こんにちは、フイナム ランニング クラブ♡部員の雨越 改め晴越こと水越です。


6月に【スリーピークス八ヶ岳 38k】【スパトレイル 72k】と2本のトレイルレースに参加し、そのレポートブログもまだ取り掛かれていない状況ですが、まずはサクッとコチラを紹介させてください。

f:id:hynm_hrc:20160623151411p:plain
先日 山本副部長がアップされていた雑誌『走るひと音楽配信アプリ『AWAのコラボ企画『疾走プレイリスト』内の『私の疾走プレイリスト』という企画に、山本副部長に続きぼくの選曲したプレイリストも公開されました。

running.awa.fm

つうかアーティストさんとかの豪華メンツの中に自分がいるのはどう見ても違和感あります!!!w

とはいえせっかく声かけていただいたので、「お前誰だYo!」というツッコミにもめげずになんとか僕らしくセレクトさせていただきました。
(※僕もDJやったことございません。)


ちなみに選曲はこちら。
___________________
Run For Word/toe
one and three lights/agraph
REALIZE (Main)/bird feat. SUIKEN + DEV LARGE
にじぞう/レイ・ハラカミ
リクノリトウ/ACO
ハイウェイ/くるり
Circle/木村カエラ
Shining/LUSRICA
白波トップウォーター/サカナクション
Hello/iLL
JOY -takagi masakatsu "rama" remix-/YUKI
A DAY FOR YOU/LOVE PSYCHEDELICO
凪/AIR
___________________

ランニング中の音楽といえば とかく「アゲアゲ、ノリノリ」な曲が好まれがちかと思いますが、意外とこういうメローというか落ち着いた音も情景に溶け込んで気持よく走れるんです。

『AWA』の中にアップされている楽曲の中からセレクトするという必要があり、僕が走るときに一番好きな曲Joy/レイ・ハラカミは選べなかったので機会があったらそちらもチェックしてみてください。
キモチイイですよ。



余談ですが以前にもブログで触れた『フリースタイルダンジョン』の放送中に流れるこのAWAのCM、
ANARCHYの曲がクソカッコイイ!

youtu.be
「十五の俺に火をつけた証言」
いや〜、このパンチライン...


僕はコレを聴きたくてAWAをダウンロードしました。



awa.fm

誰でも参加可能! フイナム ランニング クラブ♡ VOL.24 〜ステッカーができたからグループランやるよスペシャル〜

どうも、こんにちわ。山本です。


いやはや暑いです。

それでもやります、グループラン。
詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.24
〜ステッカーができたからグループランやるよスペシャル〜

日時:7月11日(月)19時30分集合 ※着替えを済ませてからお集まりください

集合場所:NOHARA BY MIZUNO
noharabymizuno.jp
※シューズ、ウェアは持参ください。タオルのレンタルは有料だったような?

詳細原宿近郊を巡りながら10キロ程度を予定。走ったあとは近くの居酒屋、もしくは渋谷のフーターズビールをたらふく流し込みます。
※基本、雨天決行。大雨の場合はビールのみ決行。
※当日、とあるイベントへの参加要請と前回やり忘れたとあるドリームチケットの抽選会も行います。
NIKE+ RUN CREWS FINDERの景品に関しても話すつもり。
※ステッカーも配るよ(下記ね)。各々、SNSでシェアしてくれると嬉しかデス♡


___________________

参加希望の方は当日の14時頃までに私・山本に一報いただくか、こちらのメールアドレス( 2014.hrc@gmail.com )までご連絡ください。

あっ、僕のFBに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

FBのグループページもあります。ここでは不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。こちらもご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!


というわけで
うだるような暑さが続きますが
だからこそ心地のいい汗をサクッとかいて
冷たいビールに舌鼓を打ちましょう!!!

f:id:hynm_hrc:20160704174504g:plain

そういえば「NIKE+ RUN CREWS FINDER」にも登録中。パワープレーで景品ゲットを目論んでいるので、ぜひこちらも登録お願いします! ※登録するにはケータイからアクセスした方が良さそうです。
nike.jp

ぼくが選曲した「私の疾走プレイリスト」が公開されました。

どうも、山本です。


連投失礼。

雑誌『走るひと』と『AWA』のコラボ企画『疾走プレイリスト』内の『私の疾走プレイリスト』という企画で、ぼくが選曲したプレイリストが公開されました。

running.awa.fm


DJだってしたこともないぼくが選曲するのもいかがなものか、とも思ったけど、意外とやってみると楽しかったっす。ちなみに下記な感じ。

_________________
今日の私はキゲンがいい/HALCALI
きゅうりのキューちゃんDJみそしるとMCごはん
ノーベルやんちゃDE賞/スチャダラパー
DA.YO.NE/EAST END × YURI
スキー・スキー(スキーなの)/HIS
恋のダイヤル6700~readymade 0524-6700Mix~/フィンガー5
I Want You Back/コトリンゴ
Beef Jerky/Cibo Matto
Little Bird Strut/スチャダラパー
黒いカバン('91 NEW VERSION)/泉谷 しげる
_________________

ぼくらのスタイルを体現するような「ゆるふわ」な選曲になっているかなと。ランのお供にぜひ、お試しください。

『走るひと』のみなさま、お声がけありがとうございました!


f:id:hynm_hrc:20160623151411p:plain

フイナム ランニング クラブ♡のロゴを新調しました!

どうも、こんにちわ、山本です。


フイナム ランニング クラブ♡のロゴを新調しました!

f:id:hynm_hrc:20160623141825j:plain
f:id:hynm_hrc:20160623141839j:plain

か、かわゆす♡

弊社のデザイナーが作った新しい象さんロゴ。カタカナはキープしつつ、実に愛くるしい仕上がりになっているかなと。ちなみに象の意味は特にありません。あしからず。

まっ、だからといってぼくらの活動に大きな変化があるわけでもないので、今後ともよろしくお願いします。

あっ、こんなんもあります。

f:id:hynm_hrc:20160623142251j:plain

これでステッカーでも作ろうかなと企んでいたり。
お楽しみに!

スポーツウォッチに刺客アリ。「TomTom」が日本に上陸です。

こんにちは。
フイナム編集部長嶋です。

ぐいぐいと拡大するスポーツウォッチ市場に、新たな刺客が送り込まれてきました。
GPSナビゲーションシステムなどで有名なオランダ・アムステルダムの〈TomTom〉が、「TomTom SPARK」というモデルをひっさげて、日本初上陸です。

f:id:hynm_hrc:20160622122215j:plain

「TomTom SPARK」は、光学式心拍計を内蔵し、約 500 曲を保存可能な 3GB の音楽専用ストレージを備え、、、と、スペックの詳細は以下ご覧いただくとして。
まずはこのシンプルでコンパクトな見た目がクールです。

www.tomtom.com

と言っても、見た目やスペック表だけじゃスポーツウォッチの本質はわからない。

そんなわけで、実際に装着してみました。


f:id:hynm_hrc:20160621221302j:plain
まずは使いかたのレクチャー。シンプルなUIなので、迷いなく「計測スタート」にたどりつけます。この手順がスムーズであることは、ランナーにとって重要なポイント。
光学式心拍計による脈のカウントは、動きに干渉されず、安定して正確に数え続けてくれます。また、装着感が軽いのもポイント。長距離を走ると腕が擦れてしまうこともありますが、この軽さとフィット感ならその心配はなさそうです。

f:id:hynm_hrc:20160621221310j:plain

正しいランニングフォームを身につけるためのトレーニング。背筋をピッと伸ばして走るの、地味にきついです。
優しくも体育会系なインストラクターにビシバシ指導を受け、背筋をまっすぐに保ちながら飛んだり跳ねたりジョグしたりを繰り返します。

f:id:hynm_hrc:20160621221658j:plain

「心拍を150まであげてみましょう〜!」というほがらかな号令に従って全力ダッシュ。心拍トレーニングはバリバリスポーツをやっていた17歳ぶり。

「走るひと」編集長の上田さんとともに本気でダッシュを繰り返した後、揃って「吐きそう」と言い合う羽目に。


参加者それぞれが多彩なトレーニングを強制され楽しくやらせていただき、体験会は終了。


f:id:hynm_hrc:20160622143052j:plain

f:id:hynm_hrc:20160622143132j:plain

f:id:hynm_hrc:20160622143104j:plain



視認性の高いディスプレイ、MP3・AAC対応の音楽プレイヤー、光学式心拍計、そして快適なつけ心地にシンプルなデザインと、
デイリーランナーに「ちょうどいい」スポーツウォッチと言えるでしょう。


心拍トレーニングは、心肺機能や筋持久力を効率良く高められるので、レベルアップを図るランナーはこの一本とともに新たなトレーニング手法を取り入れてみるといいかもしれません。
「TomTomSpark」、シュアな選択だと思います。


今回会場となったのは代官山のスポーツジム「FLUX」。
最新の機材揃いまくりの超最先端ジム。五輪金メダリスト北島康介さん監修らしく、最先端の科学に基づいたトレーニングに打ち込めます。
気になる方は以下を要チェックです。

www.flux-conditionings.com


とにもかくにも、スポーティにすこやかに生きてゆきたいものですね。

それでは。