読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらは走る楽しさをカルチャーとして多くのひとと共有していきたい。「第12回ハイテクタウン駅伝」参戦レポート。

こんにちわ、山本です。


先週末にプーマが協賛をしている第12回ハイテクタウン駅伝」に参加してきました。


1チーム4人編成1人5キロを走りながら襷を繋ぐ、このレース。参加メンバーは、フイナム ランニング クラブ♡から5、AFEビームスが3で、EN ROUTEが2、そして岩本町トレイルランニングクラブRED RUN CLUBが1で、全部で15チーム×4人なので総勢60人で大会に臨みます。

ちなみにぼくは今回の参加で3回目前回前々回の模様はリンクでご確認ください。


まずスタートするのは男子の部

f:id:hynm_hrc:20160525220654j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525220913j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525220947j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525220959j:plain


レースが始まってしまえば、意外とやることもなく、レースを観ながら応援したり雑談したり。各々いずれ走らなければいけないという小さなプレッシャーを感じながら、静かに時間が経過していきます。

f:id:hynm_hrc:20160525221152j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525221453j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525221547j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525221624j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525221925j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525222412j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525222000j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525222617j:plain


走る終えると、みんなこんな感じ↓

f:id:hynm_hrc:20160525222027j:plain

たかが5キロと侮るなかれ。河川敷という単調なコースを、猛ダッシュで駆け抜けるのは想像以上に過酷。もはや5キロは競技として短距離なんじゃないかと疑うほど、心肺を追い込まれます


続いて混成の部がスタート。ここらでようやくレースに華やかさが加わります。

f:id:hynm_hrc:20160525222850j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525223023j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525223437j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525223640j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525223759j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525223902j:plain


ぼくは混成チームのアンカーを担当。
中間地点でこの走り↓

f:id:hynm_hrc:20160525224523g:plain

前半かっ飛ばして、すでに足が上がらない状態。心肺もギリギリだし、この先2.5キロもあるのに心と身体はすでに悲鳴を上げている状態。いやあ、ホントしんどかった。

で、ゴール後は記念撮影!

f:id:hynm_hrc:20160526171604j:plain


からの打上げ!

f:id:hynm_hrc:20160526192856j:plain
f:id:hynm_hrc:20160526171944j:plain

これこれ、ぼくはこれをやりたくて、プーマの石井さんに無理をいって15チーム60名という大所帯で今回の大会に参加させていただいたんです。

ブランドの垣根を超えた走るコミュニケーションプーマの招待枠にナイキがサポートするチームを呼んで、セレクトショップだって絡ませて、トレイルランニングもミックスしていく。ストリートとモードとランとアウトドア、すべてが「走る」で繋がる感じ

それがフイナム ランニング クラブ♡が目指すべき方向なのかなあと、ぼんやりと思っています。

レースに出て記録を出すことも大事だけど、むしろぼくは走る楽しさをカルチャーとして多くのひとと共有していきたい

まっ、だからといってすぐに何かをやるわけではないんですけど。思い付きで始めて2年で、ようやく見えてきたなと。

というわけで、こういった貴重な場を設けていただいたプーマのみなさま、本当にありがとうございました!!

特性Tシャツ、超嬉しいっす! ザックを背負っても主張する裾プリ仕様!

f:id:hynm_hrc:20160526181643j:plain

ちなみにベースはコチラなり↓
jp.puma.com

人との差を付けるヘッドウェア、ありました。

こんにちわ、山本です。


最近はもっぱらレースリポートが多いですが、たまにはネタものを。

ぼくは走るときのヘッドウェアとしてBUFFを使っていることが多いのですが、トレイルランニングシーンに顔を出すと人とかぶることも多いので、差別化できるなにかがあればな〜っと思っていたら、ありました。

「Tommy's Hat Company」のヘッドボウ。


f:id:hynm_hrc:20160525111013j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525111036j:plain
f:id:hynm_hrc:20160525110948j:plain



NBAのオフィシャルグッズのはんかちかなにかをリメイクして作ったのかな。機能面は期待できないけど、見た目がとにかくいい。山のなかでこんなん付けて走っている人を見かけたら嫉妬するレベル。

「Tommy's Hat Company」というブランドについてもまったく知らないんだけど、こういった小物1つで圧倒的なセンスを見せられてる時点で見事かなと。

ちなみにお取り扱いはコチラ↓

the1stshop.stores.jp

【これは録画必至】「“神の領域”を走る ~パタゴニア 超人レース140キロ~ (仮)」がNHKで放送されます。

こんにちわ、山本です。


パタゴニア望む広大な大自然を舞台にしたウルトラトレイルレース「ウルトラ フィヨルド パタゴニア-チリ。累積標高はそこまでないものの、気候の変化に悪路の連続、ときには腰まで水に浸かりながら川を渡るなど、とにもかくにも過酷なレースと評判です。

先頃行われた2016年大会では、日本におけるトレイルランニングの第一人者である鏑木毅さんが出場見事第二位に輝いた、同レースの模様がNHKで放送されるそうです。


f:id:hynm_hrc:20160518112645p:plain

www6.nhk.or.jp


下記はオフィシャルサイトより転載。

道なき道、原野や山岳地帯を100キロ以上、不眠不休で走り続けるタイムレース「ウルトラ・トレイル(山岳)ラン」、国際レースとして世界各地で開かれるこの競技の完走率は平均65%。しかしその半分にも満たない、わずか30%という超過酷な大会が南米パタゴニアで開催される。絶景が広がるこの大地にひとたび踏み入れると、悪路や目まぐるしく変わる気候など、次々とむき出しの自然の猛威が襲いかかる。これに果敢に挑んだのが、世界18か国から参加したトップレベルの男女91人。彼らが共通して恐れるのが、レース終盤の「神の領域」を呼ばれる、未知のゾーン。果たして彼らのいう「神の領域」とは何なのか。47歳になる日本の第一人者・鏑木毅(かぶらきつよし)に完全密着。特殊撮影やレース中の心拍数変動などのデータを駆使し、神の領域の可視化を試みる。体力気力の限りを超え走り抜こうとする人類の、秘めた野生と本能に迫る、世界一過酷なレース・全長140キロの人間ドラマ。


気になる日時は6月25日(土) 、午後9時00分から9時49分まで!
これは今のうちに録画の予約をしといた方が良さそうですね。


下記の動画はレース前日の鏑木さんのインタビュー。

鏑木さんの私服、愛くるしいなあ。


オフィシャルサイトより拝借した画像を見る限り、とんでもない場所を走っています。

f:id:hynm_hrc:20160518110554j:plain
f:id:hynm_hrc:20160518110616j:plain
f:id:hynm_hrc:20160518110631j:plain

"Pineapple Run 10K" に参加してきました

HRC♡部員の武本です。

先週末、ハワイに1泊3日の弾丸旅行の際に参加したレースについてご紹介します。

まず1泊3日で行った理由ですが、、、

「1泊でもハワイにいきたかったから」

とそれだけの理由です。。。
で、せっかく行くならあっちでも何かのレースに出たい、という思いでレースサイトを探してみると、"Pineapple Run 10K"というおもしろそうなレースを発見。

場所はワヒアワ、あまり聞きなれない地名だと思われる方もいらしゃると思いますが、オアフ島のほぼ真ん中に位置しパイナップルの生産地として有名です。

Doleプランテーションの場所、と聞けばわかる方も多いと思います。

このレースは今回が41回目と歴史のある大会の様で、名称からわかる通り広大なパイナップル畑の中を走る大会の様です。
ランナーは一般の部とストローラの部がありますが一斉スタート、全体で1,000名近い参加者です。
距離は10Kですが、結構アップダウンの多いコースレイアウト。

レースが早朝7時Startということと、レース前にゼッケンや参加賞のピックアップも行わなければならないため、5時過ぎにホテルを出発、
6時には会場近くの駐車場(Doleの従業員駐車場)で、スタート会場のシャトルバスを待っていると、前のブログ同様、見慣れたバスが。

スクールバスに乗り込み、10分ほどでスタート&ゴール会場の地元の小学校に到着。


レース会場のトイレ不足は世界共通ですね…。

Pineapple Run Galsってとこでしょうか。

レース前の国歌斉唱。まだ少し肌寒さの残る静かな住宅街にThe Star-Spangled Bannerが響きます。


国歌斉唱が終わると、何のカウントダウンや号砲も無く(小さくて聞こえなかっただけかも)いきなりスタート。


最初の1マイル程度は住宅街を走り、カメハメハ・ハイウェイに出て坂を下ると名物のワヒアワ・ブリッジに差し掛かります。


あれ、補修工事中。。。

過去のレースでの橋の様子。ちょいと残念。

橋を渡った後にすぐ坂を登ると、両サイドにパイナップル畑です。

パイナップル畑暫く続きます。遠くにワイアナエ山脈が臨めます。この辺りはとても気持ち良く走れました。

10Kですが、コース上はマイル表示のみです。エイドは2ヶ所、水のみです。10Kなので十分ですね。

ストローラのランナー。家族で走るのも良いですね、日本でもこういうレースが増えるといいですね。

レースもいよいよ終盤、ワヒアワの中心地を通り、住宅街を抜けゴール地点のカアラ小学校へ。



最後の写真がゴール地点です。
写真では伝わらないかもしれませんが、地元の人達や既にゴールしたランナーが熱い声援を送ってくれました。
タイムは全く気にしてませんでしたが思わずペースを上げてしまいました。公式結果でタイムでは55:51でした。
(順位は一般の部で187位/799人中)

完走者全員に完走メダルとパイナップルが渡されます。

(パイナップルはしっかり日本に持ち帰りました。入国時の検疫も初体験。)

参加賞のTeeもカッコいいです。海外レースのはホントデザインが秀逸ですね。

レース後はせっかくなので近くのクカニロコ・バース・ストーンやロイヤル・パーム・ドライブにも立ち寄りました。




このフイナムランニングクラブの読者の方は少なからずランニングに興味のある方が多いと思います。
また旅行先で走ることを趣味にされている方もいらっしゃると思いますが、是非海外に出られたら地元の大会をチェックされることをお勧めします。
海外のローカルな大会は、当日会場でエントリー手続きが出来る大会も多いので、そこで是非海外レースデビューをされてみてはいかがでしょうか。


最後に恒例のギア紹介です。

cap:velo spica
eyewear:oakley
shirts:nike
pants:nike
watch:suunto & apple watch
footwear:bedrock sandals

誰でも参加可能! フイナム ランニング クラブ♡ VOL.22 〜「グリーンルームフェスティバル」でも走っちゃうよスペシャル〜

どうも、こんにちわ。山本です。


道志村トレイルレースのおかげで足がバキバキです。
それでもやりますグループラン。

今回は珍しく明るい時間に走ります。しかも場所は横浜ラン後は同日に横浜赤レンガ倉庫で行われている「グリーンルームフェスティバル」をまったりお楽しみください的な感じです。

詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.22
〜「グリーンルームフェスティバル」でも走っちゃうよスペシャル〜

日時:5月21日(土)午前9時に集合 ※着替えを済ませてからお集まりください

集合場所THE SPACE
神奈川県横浜市中区弁天通2-25 関内キャピタルビル 201
※シューズ、ウェア、タオルともに一式レンタルも可能です(有料)。詳しくはコチラ

詳細横浜界隈を巡りながら10キロ程度を予定。走ったあとはグリーンルームフェスティバルのフイナムブースで乾杯! ちなみにフイナムブースでは豪華景品が当たるダーツゲームを開催します。ぜひ、そちらもお試しください(2投で500円也)。

f:id:hynm_hrc:20160517140319j:plain
f:id:hynm_hrc:20160517140236j:plain

www.houyhnhnm.jp


※基本、雨天決行デス。
___________________

参加希望の方は5月20日(金)ちゅうに私・山本に一報いただくか、こちらのメールアドレス( 2014.hrc@gmail.com )までご連絡ください。

あっ、僕のFBに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

FBのグループページもあります。ここでは不定期のグループラン情報の告知やメンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!


というわけで、
港町・横浜の街並みを走りながら堪能しつつ
心地よい音楽とともに、
明るい時間からビールに舌鼓を打ちましょう!

f:id:hynm_hrc:20160517141532g:plain

エイドにはノンアルコールビールも! 「第4回トレニックワールド in 外秩父50km」に出てきましたー!

こんにちは、HRC♡部員の麦倉です。

GWの最終日 5/7(日)に「第4回トレニックワールド in 外秩父50km」というトレイルの大会に出てきました!!

これまでフルマラソン以上の距離を走った経験はないので、未知の距離にワクワクドキドキ

スタート地点は猛暑でお馴染みの「熊谷駅」から秩父鉄道に乗って30分ほどの「寄居駅」。スタート時間がAM7:30と早いため、ぼくは熊谷に前泊して翌日のレースに備えました。

当日は嬉しいほどの快晴! HRC♡の雨男・水越さんDNS(Don't Start)してくれたおかげ(!)なのか、雲ひとつない晴天のなかレースはスタート

ぼくと杉山さんは仲良く一緒にスタート、途中高橋さんも合流して、3人で和気あいあいと50キロという長い長い道のりを進んでいきます。

ちなみにコースはこちら↓

f:id:hynm_hrc:20160512234559p:plain
f:id:hynm_hrc:20160512234614p:plain
f:id:hynm_hrc:20160512234627p:plain

登り下りのバランスが良くトレイルの苦しさも気持ち良さも、どちらも満喫できる設計。最後の手前の長い下りを、疲れた足にムチを打ちながら走り切ったと思いきや、すぐさま急な登り坂が見えたときは心が折れそうになりましたが…。

こういったときに近くに友だちがいると助かりますよね。杉山さん、高橋さんに感謝です。

途中の雰囲気はこんな感じ↓

f:id:hynm_hrc:20160512234506j:plain
f:id:hynm_hrc:20160512234707j:plain

エイドにはスポーツドリンク、お茶、ジュース、コーラといった充実のドリンク類に加えて、バナナ、オレンジ、冷奴、そうめん、菓子パン、お食事パン、フルーツポンチなど食料も豊富にスタンバイ。いくつかのエイドではノンアルコールビールもあったりと、サポーターの気の利いたおもてなしは見事の一言。

そういえば、途中にある牧場の売店ではソフトクリームを買っているランナーもいたな。まあ、でもこういった楽しみ方ができるのも、そこまでタイムに縛られないトレイルならではと言えますよね。高橋さんも同じ売店で、コーヒー牛乳を買っていましたし。

もちろん最期は3人で手を繋いでゴール!
記録は約9時間半時間で見ると長いですけど、終わってみればあっという間でしたね。


が、翌日、9時間半走った影響が…。
通勤ルートにある階段では、自然と膝に手をついて登っているんですよね。あああ、9時間半も走ってみると、身体にこういう影響が及ぶのだなと、改めて実感しました。


それと意外と難しかったのが、安心と快適のバランス

トレイル初心者で心配症なぼくは、スタート時点で携帯していた荷物はドリンクだけでも約2.5リッター。さらには食べ物も詰め込んでザックはボリューム満点。ところが終わってみればハイドレーションの1.5リッターの水はほとんど飲まず、食べ物も半分以上が手付かず。

より快適に走るためにはエイドの充実度も含めて下調べしておかないとですね。


最期に今回この大会に向けて新たに購入したシューズはこちら!
HOKA ONE ONE CHALLENGER ATR2

f:id:hynm_hrc:20160512234743p:plain

厚底ソールでクッションはもちろん、見た目とは裏腹に軽量なこと、登りも下りもいい具合にグリップも効いて、非常に良かったというのが感想。

このシューズですが、我らHRCの部長 榎本さんが、こちらでもご紹介しております。

それではまた! See ya!

一年越しの悲願 第26回仙台国際ハーフマラソンに参加してきました!!

レース 大会

こんにちわ。フイナムランニングクラブ♡(以下HRC)部員の佐原です。

5月8日(日)開催された第26回仙台国際ハーフマラソン大会に参加してまいりました。

f:id:hynm_hrc:20160511215706j:plain

昨年はエントリー合戦に乗り遅れ、行けず終い。今回は去年以上に熾烈なエントリー合戦
だったようですが

www.kahoku.co.jp

何とか乗り越え、よっしゃー!またみんなで仙台行こうぜ!!牛タン食おうぜ!!なんて思っていたら

f:id:hynm_hrc:20160511215754j:plain
今年は僕1人笑。

ちなみに去年は↓↓

f:id:hynm_hrc:20160511220840j:plain

hrc.blog.houyhnhnm.jp

いっぱいいる笑。
今年はトレイルという選択肢も加わったことで、参加大会が分散した結果です。
とは言え、ちょっとだけ寂しい笑。
ということで、HRC代表として?それなりの結果出さねば、と1人勝手に意気込んでました。

4年半振りに訪れた仙台。
何度も足運ばせてもらっている地方都市の一つ故、市内観光の類はほぼ済ませていたので、前日訪れたのは

f:id:hynm_hrc:20160511215723j:plain
f:id:hynm_hrc:20160511215726j:plain

多賀城市立図書館

いわゆるツタヤ図書館です。
仙台から仙石線で20分、お隣多賀城市に3月末に出来たばかり。
外観違えど、基本構造は佐賀県武雄市のそれとほぼ同じ。土曜日だったこともあり、多くの人で賑わってました。

市内散策後、夕食。仙台といえばもちろん牛タン。
大会後にも食べましたが、地元友人オススメでお邪魔した『司』が最高に美味しかったです。
牛タン焼専門店 「司」 【公式ホームページ】

f:id:hynm_hrc:20160511215741j:plain
厚みも凄いし、味付けもいい具合。大会後に頂いた牛タンも美味しかったですが、個人的には司に軍配。


それでは大会当日を写真で一気に振り返ります。

f:id:hynm_hrc:20160511221534g:plain
コースはこんな感じです。

f:id:hynm_hrc:20160511215813j:plain

f:id:hynm_hrc:20160511215834j:plain

f:id:hynm_hrc:20160511215842j:plain

f:id:hynm_hrc:20160511215851j:plain
Qちゃんこと高橋尚子さんがお見送り。
写真は撮れませんでしたが、確か10kmあたりでハイタッチもしてもらいました。

f:id:hynm_hrc:20160511221649j:plain

f:id:hynm_hrc:20160511221705j:plain

f:id:hynm_hrc:20160511221725j:plain
新緑の定禅寺通り。ここ走ってる時が一番至福の時でした。

内容は、18km付近で左ふくらはぎが豪快に攣ってしまい、撃沈。
残り3kmをヒィヒィ言いながらも、1時間36分1秒でゴール!!

f:id:hynm_hrc:20160511221755j:plain

PB(1時間32分46秒)もサブ1.5も共にクリア出来ませんでした。
が、新緑の杜の都を走ることがこんなにも爽快だったとは。想像以上でした。
ハーフでここまで人気なのも納得です。

恒例お約束のギア紹介。
暑さ対策として用意したのは
BUFFのバイザーバフ

f:id:hynm_hrc:20160511222427j:plain

以前榎本さんが紹介してて、気になっていたギアの一つ。
給水で配られていた水を含んだスポンジを垂らした部分にくっつけるととても気持ち良い。
真後ろから照射される陽射しもある程度カバーしてくれる。
これからの時期ヘビロテ決定です。

その他のギアは
TOPS パタゴニア メンズ・フォアランナー・スリーブレス
SHORTS ノースフェイス フライウェイト レーシングショート
SHOES NIKE GYAKUSOU ルナレーサー+3
SOCKS balega hidden comfort

こんな感じでございました。

また来年も出たいなと思いつつも、しかし来年のエントリーは一体どうなってしまうのだろう…。
そして来年は願わくばまたみんなで大人の遠足にしましょう笑!!

f:id:hynm_hrc:20160511223805j:plain
see you next year♡