せっかくニューヨークに行ったので、街を走りまくってきたよ。

部長の榎本です。

先日、ニューヨークシティマラソンに参加してきたわけですが、現地に滞在中、マラソン以外に何をしていたかというと、走ってばかりいました。

現地に着いたら、まずは時差ボケ解消ラン
翌日、目覚めたら朝ラン
夜は飲みに行く前にナイトラン
昼も空いた時間に観光がてらランニング

移動も基本ランニングで。
地下鉄やタクシーはたまに使う程度。
ニューヨークはコンパクトな街だから、たいていのところは走っていけちゃうんですよね。

その結果、一週間の滞在中、レースを含めた総走行距離は、なんと100km超!
自分でもびっくり。

もともと旅とランニングは相性抜群だけど、ニューヨークのそれはまた格別。
以下では僕が現地で走ったコースなどをいくつか紹介します。

【1:ウィリアムズバーグ周遊モーニングラン】

f:id:hynm_hrc:20181111032610j:plain

ニューヨーク到着の翌朝、スポーツヘッドホンブランド「Jaybird(ジェイバード)」のランイベントに参加。
ブルックリンのなかでも特にヒップなエリアとされるウィリアムズバーグ周辺を5kmほどラン。

f:id:hynm_hrc:20181111032637j:plain

先導してくれたのはBLACK ROSESという現地のランニングチーム。

f:id:hynm_hrc:20181111032657j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111032712j:plain

BLACK ROSESというだけあって、全身黒づくめのランナーが多かった印象。
そしてタイツ着用率高し。
パタゴニアのTシャツに山と道のショーツという、トレイルランニングの延長的なスタイルだった僕は、若干浮いていたような。

f:id:hynm_hrc:20181111032724j:plain

仕事でニューヨークに来ていた南井さんもいっしょに。

f:id:hynm_hrc:20181111032820j:plain

途中でイーストリバー州立公園にふらっと立ち寄り。
川越しにマンハッタンの摩天楼が。

f:id:hynm_hrc:20181111032752j:plain

総勢30人くらい参加していたのかな。
なかなか賑やかなグループランでした。

f:id:hynm_hrc:20181111032909j:plain

ちなみにJaybirdは僕もX4というモデルを愛用していますが、すこぶる調子いい。
アプリもよくできてます。


【2:ブルックリンブリッジ〜マンハッタン〜ウィリアムズバーグ周遊ラン】

f:id:hynm_hrc:20181111033511j:plain

朝に5km走ったものの、微妙に物足りない感じだったので、昼もまた走ることに。

今度はブルックリンを起点にブルックリンブリッジをわたってマンハッタン方面へ。

f:id:hynm_hrc:20181111033626j:plain

ニューヨークを訪れるたびに来ていますが、やっぱりここ、最高です。

f:id:hynm_hrc:20181111032549j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111033810j:plain

ただ、昼間はちょっと人が多すぎですね。
走るなら早朝がおすすめ。

f:id:hynm_hrc:20181111034126j:plain

橋をわたってからは、マンハッタンを北上し、ミッドタウンの「DOUGH」で腹ごしらえ。
ふわふわのドーナツが美味。
ここはブルックリンが本店ですが、どんどん店舗が増えているようです。

f:id:hynm_hrc:20181111044504j:plain

ニューヨーク観光のド定番、タイムズスクエアにも立ち寄りつつ、滞在先のウィリアムズバーグへ。
トータル20kmのランでした。


【3:ウィリアムズバーグ周遊ナイトラン】

f:id:hynm_hrc:20181111034546j:plain

夜は再びJaybird主催のランイベントに参加。

f:id:hynm_hrc:20181111034747j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111034801j:plain

ウィリアムズバーグの夜の街を颯爽と走るランナーたち。
このあたりはマンハッタンと違って人もクルマも少なく、ネオンも控えめで落ち着いた雰囲気。

f:id:hynm_hrc:20181111034816j:plain

途中、またまたイーストリバー州立公園へ。

f:id:hynm_hrc:20181111034829j:plain

ニューヨークらしい夜景も堪能。
爽快な朝もいいですが、ナイトランもなかなか良いですね。

【4:マラソンのゼッケン受け取りラン】

f:id:hynm_hrc:20181111035514j:plain

翌日はニューヨークシティマラソンのゼッケン受け取りへ。

受付会場のジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターへのアクセスを調べてみたところ、滞在先のウィリアムズバーグのホテルから10kmほどであることが判明。
なーんだ、それなら走っていけるじゃん。
と考えてしまうのはランナーあるあるかと。

というわけで、当初は地下鉄で行こうと思ってたけど、方針変更。
せっかくなので朝ランがてら走っていくことに。

f:id:hynm_hrc:20181111035943j:plain

ウィリアムズバーグブリッジをわたってマンハッタン方面へ。
この橋はブルックリンブリッジと違ってフェンスがあり、眺めはいまいち。

f:id:hynm_hrc:20181111040057j:plain

マンハッタンを走っていると、高層ビルをバックにゆらめく星条旗が。
自分がいまニューヨークにいることを実感します。

f:id:hynm_hrc:20181111040331j:plain

ホテルを出発して約1時間、ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターに到着。

f:id:hynm_hrc:20181111040357j:plain

無事にゼッケンを受け取り、EXPO会場でお土産を買い込み、地下鉄でホテルへ戻りました。


【5:ウィリアムズバーグ〜ブルックリンブリッジ〜マンハッタン周遊ラン】

f:id:hynm_hrc:20181111040606j:plain

翌朝は同行者のリクエストで再びブルックリンブリッジへ。

f:id:hynm_hrc:20181111040904j:plain

スタートは朝7:30。季節的には日の出直後の時間帯。
前日とうってかわってあいにくの空模様だったけど、これはこれで雰囲気がありますね。

f:id:hynm_hrc:20181111040932j:plain

早朝のブルックリンブリッジは人が少なくて走りやすい。

f:id:hynm_hrc:20181111041225j:plain

マンハッタンにわたってから、橋のたもとのすぐ近くにある「GDG Bakery cafe」で朝食を。
ほうれん草のパイが美味。

帰りはウィリアムズバーグブリッジをわたってホテルへ戻ったのですが、、、

f:id:hynm_hrc:20181111041336j:plain

上半身裸のランナーに遭遇!
この日の朝はまあまあ肌寒かったんだけど。
ニューヨークのランナーは元気ですな。

というわけで、ここまでの総走行距離は約60km。
翌日のニューヨークシティマラソンとあわせて、滞在中に走った距離の合計が100kmを超えたという次第です。

さすがに走り過ぎじゃないの? 疲れが残っちゃうんじゃないの?
と思うかもしれません。
そのとおりだと思います。
ラソンを直前に控えたランナーがやることじゃない。
でも、せっかくニューヨークに来たんだから、走って走って走りまくらないともったいない、と個人的には思うわけです。
ニューヨークほど走って楽しい街はそうそうないですから、ね。

ニューヨークシティマラソン当日の模様についてはまた追って。

【Road to 大阪マラソン2018 #02】代々木公園をぐるぐる20km走ってきました。

部長の榎本です。

先週末はニューヨークシティマラソンを走ってきました。
聞きしに勝る素晴らしい大会。
すごいすごいとは聞いてはいたが、まさかこんなにすごいとは。
なにがどうすごかったかは、追ってまたどこかでレポートします。

さて、話は変わって、先日、「#amexrun」のコーチを務める園原健弘さんにお声がけいただき、大阪マラソンに向けた合同練習会に参加してきました。

f:id:hynm_hrc:20181031103432j:plain

場所は代々木公園。
メニューは20km走。
キロ6分で走ってちょうど2時間のランです。

f:id:hynm_hrc:20181031105400j:plain

f:id:hynm_hrc:20181031105858j:plain

天気は快晴。
秋らしいカラッとした陽気で絶好のランニング日和。

f:id:hynm_hrc:20181031105540j:plain

美しいフォームで颯爽と走る、モデルの浅野美奈弥ちゃん。
大阪マラソンではサブ4を目指すとのこと。

f:id:hynm_hrc:20181031105620j:plain

15時にスタートしたので、中盤以降は徐々に陽が傾いていきます。

f:id:hynm_hrc:20181031105524j:plain

f:id:hynm_hrc:20181031105929j:plain

同じところをぐるぐるぐるぐる……
正直、途中で飽きてきた(笑)。

f:id:hynm_hrc:20181031110445j:plain

f:id:hynm_hrc:20181031110541j:plain

そしてフィニッシュ!
代々木公園の内周をぐるぐる11周、ハーフマラソンの距離に相当する21kmのランを終えました。

f:id:hynm_hrc:20181031105817j:plain

日頃から継続的に走っている自分にとって、これくらいの距離をこれくらいペースで走ることは、肉体的にさほどツラくない。
けれど、同じコースをぐるぐると、しかも11週もまわるのは、精神的にキツかった。
まあそれによって多少はメンタルを鍛えられたのかな。
美奈弥ちゃんにとっても、いいトレーニングになったのではないでしょうか。

ちなみに写真はすべてGoProで撮影。
最新モデルのHERO7。
スタビライザーを内蔵していて、動画はジンバル無しでも驚くほど滑らか。


というわけで、11/25(日)の大阪マラソンまで残すところ2週間。
あとは負荷の高いトレーニングは控えて、しっかり疲労を抜いて、当日を迎えられれば、ですね。


American Express
www.americanexpress.com/japan/

ナイキからオールブラックのトレイルランニングシューズが出てます。

どうも、こんちわ、山本です。


ナイキのアメリカのサイトを覗いてたら、トレイルランニングシューズにオールブラックバージョンが出ているじゃないですか!

f:id:hynm_hrc:20181107211758p:plain
https://www.nike.com/t/air-zoom-terra-kiger-4-mens-running-shoe-OzqzBz

f:id:hynm_hrc:20181107211805p:plain
https://www.nike.com/t/air-zoom-wildhorse-4-mens-running-shoe-Zzj2Ge/880565-003


機能を視覚化する、いわゆるアウトドアデザインとは一線を画すスタイリッシュな佇まい。オールブラックにすることで、プロダクトそのものの美しさが際立ってくる印象さえも受けます。

が、残念ながらいまのところ日本は未展開。誰か買ってきてくれないかな…。


ところで、Nike Trail Runningのインスタをチェックしていると、トレイルランニングに対して徐々に力を入れているようには見えるんだけど、実際のところはどうなんだろ。


カスタムしたキャンピングカーで地方巡業したり、シルクスクリーンを作ったり。後発ならではの挑発的なアプローチは、かつてのチャレンジャーだった時代のナイキを彷彿とさせてくれます。

このスタンスでシーンをかき回してくれたら面白いのになあ。現状の規模感では本格参入しにくいのかな。ふ〜む。

【Road to 大阪マラソン2018 #01】「#amexrun」の事前練習プログラムに参加してきました。

部長の榎本です。

めっきり涼しくなり、いよいよマラソンシーズン到来ですね。
今後各地で開催されるレースに出場予定の人も多いはず。

かくいう僕は、11月中に2本のフルマラソンに出場予定。

ひとつは、11/4(日)のニューヨークシティマラソン
ダメ元でエントリーしてみたところ、まさかの当選。
世界屈指の人気レースを走れる幸運を噛み締めながら、心ゆくまで楽しみたいと思います。
つか、もう今週末なのよね。
このブログもニューヨークから更新しています。

もうひとつは、11/25(日)の大阪マラソン
この大会に出るのは、2016年以来2年ぶり、2回目。
沿道の応援の盛り上がりが凄まじく、運営もスムーズで、ごっつええ大会なんですわ、ほんまに。

そんで、大阪マラソンの大会スポンサーであるアメリカン・エキスプレスさんから、この大会の事前練習プログラム「#amexrun」にお誘いいただいたので、ちょっくら行ってきました。

当クラブからはこちらの3名が参加。

f:id:hynm_hrc:20181030073517j:plain

左から、私榎本、モデルの浅野美奈弥ちゃん、フイナム山本副編集長。
3人とも大阪マラソンに出場予定。

美奈弥ちゃんは二度のフルマラソン完走歴あり。
自己ベストは4時間26分25秒とのこと。

f:id:hynm_hrc:20181030074303j:plain

今回の大阪マラソンではサブ4が目標だとか。

さて、まずは座学から。

f:id:hynm_hrc:20181030073554j:plain

ランニングコーチの園原健弘さんから、フルマラソン完走のためのトレーニング理論を。

f:id:hynm_hrc:20181030073617j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030073632j:plain

そして管理栄養士の三城円さんから、栄養学&食事学をレクチャーしてもらいました。

f:id:hynm_hrc:20181030073655j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030073712j:plain

42.195キロという長い距離を走り切るには、正しいメソッドに基づいたロジカルなトレーニングと適切な栄養補給が大切。
そんなことを改めて感じさせてくれる内容でした。
根性論や精神論だけではダメなんですよね、やっぱり。

f:id:hynm_hrc:20181030073757j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030073833j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030073907j:plain

座学のあとは、園原さんより、正しい歩き方や走り方に関するレッスンを受けて……

f:id:hynm_hrc:20181030073935j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030074044j:plain

f:id:hynm_hrc:20181030074058j:plain

美奈弥ちゃんはマンツーマンでのパーソナルカウンセリングを。
サブ4に向けたアドバイスを園原さんから受けていました。

f:id:hynm_hrc:20181030074014j:plain

園原さんのお話を、メモを取りながら熱心に聞く美奈弥ちゃん。
その眼差しは真剣そのもの。

ちなみに、僕の今回の大阪マラソンの目標は、自己ベスト(3時間16分40秒)を更新すること。
あわよくば3時間15分を切りたい。
と言っておきましょう。

3時間26分3秒の記録を持つ山本の目標は、どうなんだろう。
今回どんくらいで走るの?って聞いても、はぐらかされるのよね、いつも。
まあ、毎回しれっと自己ベストを更新してしまう不言実行派の彼のことだから、今回も涼しい顔して3時間20分くらいで完走してしまうんじゃないかな。たぶん。

ともあれ、榎本山本のおっさんコンビのことはさておき、美奈弥ちゃんにはサブ4という目標が達成できるよう頑張ってほしいです。

f:id:hynm_hrc:20181030074221j:plain

というわけで、大阪マラソンへ向けてスタートした我々のチャレンジ。
レーニングの様子や、大会当日の模様も含めて、今後もちょいちょいレポートしていく予定です。
お楽しみに!

f:id:hynm_hrc:20181030074135j:plain

Photo: Iori Matsudaira

American Express
www.americanexpress.com/japan/

岩手の山、いいね!「あづまねマウンテントレイル2018」参戦レポート

部長の榎本です。

岩手県紫波町で開催されたトレイルランニングレース「あづまねマウンテントレイル2018」に参加してきました。

f:id:hynm_hrc:20181029181947j:plain

舞台は紫波町のシンボル的な山、東根山(あづまねさん・標高928m)。
距離は13km、参加人数は約170人
コンパクトな規模のショートレースですが、トレイルランニングの魅力がギュッと凝縮されていて、遠方からでも足を運ぶ価値のある素晴らしい大会だと思いました。

f:id:hynm_hrc:20181029183720j:plain

ここでは僕が感じたこの大会の魅力を4つのポイントに分けて紹介したいと思います。


【1. 紅葉真っ盛り。美しい景色を堪能できる!】

開催日は10月28日(日)。
紫波町を含む岩手県中部の標高500〜700mあたりは紅葉の最盛期。

f:id:hynm_hrc:20181029182709j:plain

f:id:hynm_hrc:20181029182719j:plain

f:id:hynm_hrc:20181029182730j:plain

レース中はこれでもかというくらい美しい紅葉が目を楽しませてくれました。


【2. 完走率100%!初心者にもやさしいコース設計。】

コースは東根山をめぐるラウンドコース。

f:id:hynm_hrc:20181029182747j:plain

f:id:hynm_hrc:20181029182758j:plain

13kmという距離はトレイルランのレースとしては短い部類。
そして制限時間は4時間とかなり余裕あり。

コースは程よくキツい上りを経て、山頂まで上り切ったあとは一部激下りの区間もありつつ、後半は気持ちよく走れるロングダウンヒル

f:id:hynm_hrc:20181029182815j:plain

f:id:hynm_hrc:20181029182829j:plain

ふかふかの落ち葉を踏みしめながら、木漏れ日が美しい下りのトレイルを疾走すると、気づいたらロードに出ていて、スタート/フィニッシュ地点へと戻ってきます。

f:id:hynm_hrc:20181029183914j:plain

f:id:hynm_hrc:20181029185743j:plain

なんと今回の完走率は100%!とのこと。
これなら初心者でも安心して参加できますね。

個人的には、トレイルレースは久しぶりの完走。
昨年の信越五岳以来、実に1年ぶりのことです。
最近はロングレースばかり出て5連敗(フォルモサ、ランタオ、UTMF、湯沢、CCC)していて、ミスターDNFの名を欲しいままにしていたけれど、ついに連敗記録がストップしました。
やっぱり、完走って、いいね!


【3. フィニッシュ後は温泉へ直行!】

スタート/フィニッシュ地点は紫波町にあるラ・フランス温泉館」
レース後はそのまま温泉に直行できるというわけです。
このロケーションは素晴らしい。

f:id:hynm_hrc:20181029183230j:plain

なお「ラ・フランス温泉館」の自販機で缶ビールを購入できるので、呑ん兵衛のみなさんはご安心を。


【4. 岩手のグルメを味わい尽くす!】

せっかく岩手まで行くのだから、旅行気分でご当地グルメも堪能したい。
というわけで、我々フイナム ランニング クラブ♡一行は、レース前日に喰い倒れツアーを敢行。

f:id:hynm_hrc:20181029185712j:plain

盛岡到着後、朝ごはんは「白龍」で名物じゃじゃ麺を。

f:id:hynm_hrc:20181029183323j:plain

食後は小岩井農場のソフトクリームを。

f:id:hynm_hrc:20181029183424j:plain

お昼ご飯は盛岡駅前の「盛楼閣」で焼き肉&冷麺を。

f:id:hynm_hrc:20181029183440j:plain

おやつは福田パンのあんバターコッペパンを。

f:id:hynm_hrc:20181029183538j:plain

夜は紫波町「SUNSET」でしこたま飲み、ビールローディングもバッチリ。

翌日13km走る程度では消費しきれない大量のカロリーを摂取しましたが、どれもめちゃくちゃ美味だったのでよしとします。

・・・そんなこんなで、レース自体はもちろん、その前後も含めて大満足の旅となった今回の岩手トレラントリップ。
それもこれも、フイナム ランニング クラブ♡のメンバーである安達くんのおかげ。

f:id:hynm_hrc:20181029182548j:plain

彼は地域おこし協力隊の一員として紫波町に移住して、コースの整備やスポンサーの確保など、この大会に向けて準備を進めてきました。
また来年もこの大会に出るために岩手に行きたいし、今回行けなかった早池峰山岩手山など岩手の山々も巡ってみたい。
その節はよろしく〜!

www.facebook.com

フイナム ランニング クラブ♡ VOL.52 〜ホカ オネオネを履いてみたいひと全員集合スペシャル〜

どうも、こんちわ、山本です。


CCCに続いてKOUMI 100も惨敗した山本です。

うう、情けない。とはいえ、これも経験。惨敗での学びを活かすためにも、いずれリベンジせねばなのです。というわけでグループラン、やります。

今回はホカ オネオネの試し履きも兼ねて行います。どうやら本国からスペシャルゲストも来ているとか。

詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.52
〜ホカ オネオネを履いてみたいひと全員集合スペシャル〜

日時:10月30日(火)19時30分集合

集合場所ナインアワーズ竹橋
料金:シャワー500円、タオル200円
※当日はホカ オネオネのシューズをお貸し出し(サイズ欠けの可能性もあります)
※混雑が予想されるので早めの到着がベターです。
※後日利用できるシャワー無料券をプレゼント!

詳細皇居周辺を約7〜10キロほど走って近くの居酒屋で一杯というゴールデンコース。
※基本、雨天決行。大雨の場合は居酒屋のみ決行。
__________________

参加希望の方は当日の14時頃までにフイナム ランニング クラブ♡のFacebookのグループページの該当するスレッドにご連絡ください。


ぼくのFacebookに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

Facebookのグループページでは、不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。ご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!

なんなら当日、集合場所でお声がけいただいてもかまいません!


というわけで
本格的なロードシーズンに向けて
ホカ オネオネのマシュマロのような
クッション性を味わいながら、
ほどよく心地よい汗をかいて、
美味しいビールに舌鼓を打ちましょう🍺🍺🍺


f:id:hynm_hrc:20181023173639j:plain

写真は、KOUMI 100の終わりで撮っていただいた一枚。来年は笑顔で終わらせたい…、ぬうう。

キプチョゲ一色!!!ベルリンマラソン2018

Guten Morgen!!(おはようございます!!)
フイナムランニングクラブ 麦倉です。
フジモンの100マイル達成があったり、山本さん・榎本さん・鉄人・安達くんのUTMB話があったりと常人を超えたトレイル話がここのところ続いておりますが、私は42.195kmのフルマラソン話を。

もう先月のこととなりますが、この度私ワールドメジャーズ大会の一つベルリンマラソンに当選し、参加してきました!!
f:id:hynm_hrc:20180930141405j:plain


昨年はワールドメジャー制覇へ向けて先行く武本さんが参加していますよね↓↓
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp/entry/2017/10/02/003551

さて、そんなベルリンマラソンは、フラットな高低差約20mや道幅も広く、街全体が緑に覆われ、高速レースになりやすく、好タイムの出る大会として有名です。

f:id:hynm_hrc:20180930144018j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930144043j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930144240j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930144256j:plain

大会自体も初めてその街に訪れた旅行者として、下記の2点が非常に良い点だと感じました。
1. スタートとゴール会場が同じ。
2. 市内のホテルからスタート地点までが近い。(歩いていける)

大会前日には、現地でフイナムランニングクラブメンバーの南井さんと田中トシさんと落ち合いランチをご一緒し、ドイツ料理に舌鼓を。
海外へ行って知り合いに会うのはほんと楽しいし、安心しますよね。
f:id:hynm_hrc:20180930143848j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930143922j:plain


その日の午後には、トシさんから教えてもらったベルリンのランニングチーム「Berlin BravesのShake out Runのイベントへ。

色んな国から人が来ていて、海外ならではの雰囲気を満喫!!
ウォーリーを探せ状態ですが、どこかにいます。
てか背がでかい人が多い。。。

f:id:hynm_hrc:20180930143813j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930143827j:plain


大会当日は、ホテルのエレベーターからランナーランナーランナー
外へ出ても右も左もランナー、ランナーランナーと街全体がお祭りムード満載!!

ご存知今回の大会はキプチェゲ選手世界新記録を更新!

f:id:hynm_hrc:20180930144103j:plain

大会の完走メダルの裏側は、なんとなんとキプチョゲ選手の顔ww

f:id:hynm_hrc:20180930142020j:plain

そんな世界記録の裏側で僭越ながら、私 ムギチョゲも3:33:20と自己ベストを更新!!
f:id:hynm_hrc:20180930153204j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930143732j:plain


いやー、たくさんの各国からの参加者とたくさんの応援に支えられほんとに終始楽しかった!!
応援も42.195km途切れることなくあり、勇気付けられます。
やはりワールドメジャーの大会は応援も雰囲気も気分が上がります!
辛い辛い42.195kmが気づけば応援に支えられ、もうちょっと頑張ろうと楽しい気持ちになっているという不思議。
f:id:hynm_hrc:20180930144323j:plain

今回初めてこの靴で走りましたが、これが僕にうまくハマったのかなと。
Nike Zoom Fly SP」
f:id:hynm_hrc:20180930143446j:plain

「ベルリン」という街自体も初めて訪れましたが、街中にグラフィティが溢れて、オシャレな人も多く、美味しいコーヒーショップもあり、素敵な街!!
今度はゆっくりと暮らすように滞在してみたいと思える街でした。
1時間並んで食べたケバブも美味しかったす!!

f:id:hynm_hrc:20180930143550j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930143608j:plain
f:id:hynm_hrc:20180930151825j:plain


これで楽しい旅が終わったかと思いきや!!!
帰りのヘルシンキの空港でトラブルが。。。

乗り換える予定の飛行機に間に合わず、更にその後の飛行機はオーバーブッキングのため乗れませんと(涙)

結局、翌日の夕方の便でヘルシンキ→福岡→成田での代替えチケットとなり予定外のヘルシンキで一泊をすることに。
ホテルは空港近くでなんとも長閑な風景でした。

f:id:hynm_hrc:20180930142114j:plain

こんなトラブルがありましたが、まだ話は終わりません!
空港のカウンターで同じ境遇に合った男性2人の日本人の方がいまして、結局日本帰国まで一緒に行動してました。

そんなお2人は、年が離れているし、会社の上司部下の関係かなと思い、話を聞いていると、
「大会で4位だったのにこの仕打ちはないよな」と言っていたので、この人は何を言っているんだろうとこっそり大会のニュースを見たら。
「!!??」
ベルリンマラソン日本人男子で最速でゴールしてた人が4位の記事。
なんとなんと今回のベルリンマラソン男子第4位!のご本人「中村匠吾選手」富士通陸上部「福嶋監督」でした。

f:id:hynm_hrc:20180930143428j:plain

そんなこんなで、飛行機キャンセルから一緒にホテルへ行き、丸一日朝晩昼の食事を共にし、一緒に近くのショッピングモールへ買い出しに行ったりして途中マラソンについての色んな話をさせてもらって有意義な時間を過ごせました。

私が知らなかっただけなのしれませんが、今回福嶋監督に教えていただいた東京オリンピック代表の選考に向けてのガチンコ大会MGCについて共有させていただきます。

MGC(Marathon Grand Championship)とは。
http://www.mgc42195.jp/
1. 優勝すれば、東京オリンピック代表に内定します。
2. 2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」を突破した最上位者が代表に内定します。
3. 「MGC派遣設定記録」突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定します。

早期に決定した2名は、オリンピックに向け十分な準備期間を得ることができます。

なんかうまく説明できないので、うまいこと書いているサイトを見つけたので気になる方はこちらをご参照を。
https://shabonyukuro.com/marathon_mgc/

今回のご縁もあり、Go!Go!中村選手!と個人的に応援したいなと思います。


最後に、きっと走りたくなるベルリンマラソンの雰囲気の動画を。


BMW BERLIN-MARATHON Happy Finisher Movie 2018

ち・な・み・に、来年度のエントリーも始まっておりますので出てみたい!!と思った人は是非。
www.bmw-berlin-marathon.com

それではまた。