読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲレンデさえも走るフィールド! 札幌で開催された“ゲレラン”に参加してきました!

どうも、こんちわ、山本です。


先日、札幌市内からほど近いばんけいスキー場で行われた「第2回 ban.Kゲレンデスロープラン」略して“ゲレラン”に参加してきました。


■そもそも“ゲレラン”てなに?

“ゲレラン”とは、整備された冬のスキー場、すなわちゲレンデを走るスノーランニングのこと。スキーヤースノーボーダーが行き交う営業中のゲレンデの一部を一時的に規制して、走るコースとして利用させてもらいます。

下記が前回の模様。意外とみんなガチでビックリ。しかも、冬の雪山なのに短パン・ノースリーブという目を疑うような姿の強者までいます。


f:id:hynm_hrc:20170405102930j:plain
f:id:hynm_hrc:20170405102932j:plain

こちらは今回の詳細。カタカナを駆使した昭和なデザインが好印象です。


■まずはスノーランニングとやらを体験してみる。

前日に札幌入りして、まず足を運んだのが札幌のアクティビティのことならなんでも揃う「SAPPORO EXPERIENCE BASE」。


f:id:hynm_hrc:20170404153102j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403154533j:plain

到着後、早速ランニングウェアに着替えて、レース前日に開催されたスノーランクリニックに参加してみました。


f:id:hynm_hrc:20170403154215j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403154232j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403180053j:plain

全国各地から10名近くのサロモンアスリートが集い開催された今回のクリニック。まさかの梅宮アンナさんもスペシャルゲストで登場!

ちなみに当日のコースの案内役を務めたのは、フイナム ランニング クラブ♡のグループランにも参加したことのある反中くん(上記写真の中央)。原宿勤務を経て、こちらの店舗に異動し、札幌市民歴1ヶ月もないものの、サロモンアスリートの一員として自然溢れるこの環境を満喫しているご様子。

そんな反中くんの案内のもと、店舗からほど近い三角山から入山していきます。


f:id:hynm_hrc:20170403161848j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403160835j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403161904j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404140435j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403165028j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404140359j:plain

普通に走っていると見せかけて、足を踏み外すとズボッと足が埋まる雪面状況。慎重に歩を進めながら、山を上っていきます。

雪が絡みつき、ロードやトレイルのように地面の反発をあまり受けないため、まるで砂浜を走っているようなイメージ。脚への負荷が大きい分、普段のランニング以上に効率的なトレーニングになりそう。


f:id:hynm_hrc:20170403173511j:plain
f:id:hynm_hrc:20170403173517j:plain

三角山の頂上で記念撮影!

このあと「三倉の大下り」でスノーランニングならではの下りの走りを堪能します。常に雪の重みを感じはするものの、転んでも痛くないので、思い切って下りを楽しむことができます。

三角山、大倉山、奥三角山と低山を超えて、今年の5月にド変態レース「Red Bull 400」が行われる大倉山ジャンプ競技場の横の階段(ここも雪で埋まっている)を抜けて、「SAPPORO EXPERIENCE BASE」に帰還。

初めてのスノーランニングで、ゲレランへの手応えとコツを掴みつつ、翌日に備えます。

f:id:hynm_hrc:20170404132814j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404140738j:plain


■いざ“ゲレラン”へ!

f:id:hynm_hrc:20170404145211j:plain

当日は会場となるばんけいスキー場へ。ゲレンデのど真ん中にトレイルランニングのレースではお馴染みのサロモンのゲートが。先に始まるジュニアの部の参加者たちが元気にスタートを待ちます。


f:id:hynm_hrc:20170404145553j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404145809j:plain

ゲレンデの下からスタートして、上って下る800mのコースのジュニアの部。スキーウェアで参加する子供が多いなか、スポーツウェアにトレランシューズというガチな出で立ちの男の子が見事に優勝。


続いて一般の部。

コースは水平移動距離が5kmとなり、総標高差は登り430mに下り500mという内容。

まずはYMCAで準備体操!

f:id:hynm_hrc:20170404152904j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404153357j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404153624j:plain

カラダをほぐしたあとは、スタート地点となるゲレンデの途中ポイントまで上らされます。この時点で息が切れてます。


f:id:hynm_hrc:20170404153603j:plain

5位以内に入らなければパンチパーマか坊主という厳しいペナルティを課せられた反中くん。スタート前に気合の表情です。


f:id:hynm_hrc:20170404154424j:plain

スタートのカウベルが鳴り響くと、100名近い参加者が一斉にゲレンデを駆け下りていきます。

距離にして200m程度かな。これが意外と辛い。雪の負荷がかかるため、下りとはいえ思いのほか脚が前に進められない。しかも、下りきったと思ったら、すぐさま来た道を折り返すような上りが続く。

あっというまにぼくの心は折れて、すぐさま走るのは諦めてパワーハイクに切り替えます。


f:id:hynm_hrc:20170404155146j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404155159j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404155131j:plain

雪の負荷は常にかかってくるので、上りはもちろん、下りに平地まで、脚が休まるタイミングが皆無。しかも、なるべく圧雪してある固い雪面を探しながら走るため、頭のなかはフル回転状態。

後半の林道を走り抜け、最後のゲレンデを下りきってなんとかゴールした頃には、札幌の雪山にいながら汗だく状態! ちなみにタイムは45分43秒。ふう〜〜。


ロードにトレイル、そしてこのスノーランニング。走るという行為は同じではあるものの、フィールドが異なるだけでここまで競技性が変わってくるものなのだなと。いやあ、奥が深い。

ちなみに当日参加していたサロモンアスリートの1人であるプロスカイランナーの松本大さんが動画を制作していたので、こちらもあわせてご覧ください。


■で、走ったあとはスキー!

f:id:hynm_hrc:20170404163348j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404163125j:plain
f:id:hynm_hrc:20170404163218j:plain

走り終えたら、スキー場に併設したサロモンステーションでギアをレンタルして、間髪入れずにスキー!

ランニングからスキーというまったく異なる競技をシームレスで楽しめるのは、まさにサロモンステーションがあるおかげ。今シーズン最後になるであろうスキーを、スピーディになおかつたっぷりと堪能させてもらいました。

www.salomon.co.jp


■最後にまとめ!

都市部から20分程度で山々が連なる札幌。その環境を遊び尽くすためのあらゆるものが揃い、さまざまな体験を提供してくれるコミュニティスペースまで備えた「SAPPORO EXPERIENCE BASE」。

地元の方はもちろんですが、札幌旅行の目的の1つにしてもいいくらいのスポットなんじゃないかなと。正直、異動した反中くんが羨ましい限り。

しかも、今後もオールシーズン楽しめるさまざまなアクティビティの体験会が行われるそうなので、足を運ぶ際にはスケジュールチェックをお忘れなく。

seb.amersports.jp


あっ、そういえば、レースで厳しいペナルティを課せられていた反中くん。気になる結果は、圧巻の4位でフィニッシュ。なんとかパンチパーマは免れたものの、いまいち煮え切らない順位。頑張れ、反中!

東京マラソン走っちゃったよ。~大川 編~

どうも!こんにちは、フイナムランニングクラブ♡部員のおおかわ(BEAMS Run Clubも兼任)です。

部長に東京マラソンは走ったレポートを依頼されるも、なかなかレースを振り返ることができず…(理由は後ほど)

毎年抽選でハズレ、それでも想いは強く“勝手に東京マラソン”(休日にひとりでコースを走る)を開催するぐらいずっと走りたかった!

いつもは写真や動画を撮影しながら走ることがスタイル。

しかし、新コースはタイムが狙える高速コース!!
f:id:hynm_hrc:20170309024816j:plain
f:id:hynm_hrc:20170309025033p:plain
ここはお祭り気分は抑えてサブ3にチャレンジ!!
(PBは第2回さいたま国際マラソン3:12:37)

さてレースを振り返ってみましょう。
【スタート】
エントリー時の申告タイムは2:55:00
f:id:hynm_hrc:20170309025238j:plain
スタートブロックはEブロック…マジか…
スタート地点が遠い…
f:id:hynm_hrc:20170309024141j:plain
f:id:hynm_hrc:20170309023745j:plain

実際タイムロスは4分半ほどでスタート!
f:id:hynm_hrc:20170309024009j:plain
(スタートは北澤選手と一緒のタイミング)

残りはざっくりランナーズアップデートで。
f:id:hynm_hrc:20170309025450j:plain
よしよし、入りの10km混雑の中も順調な滑り出し

f:id:hynm_hrc:20170309025526j:plain
ランニング仲間の声援もあり、まだまだ余裕
折り返しも順調でサブ3もイケる!

f:id:hynm_hrc:20170309025632j:plain
いつも練習してるホームグラウンド日比谷に!
品川折り返してから、
ん?あれ?なんかおかしいな。

f:id:hynm_hrc:20170309025654j:plain
f:id:hynm_hrc:20170309025330p:plain
あと40秒…1km1秒…そんなギャグみたいな?!
とりあえず初マラソンから続く、サブ4は達成しました!!

そんな訳で軽くトラウマになり、気持ちの整理に時間がかかってしまいました(笑)

でも、やっぱり東京マラソンは楽しい!
振り返って真っ先に浮かび上がるのは沿道応援してくれたメンバーの顔。
フイナムランニングクラブ、Red Run Club、AFE、IGランナーズBEAMS Run Clubに感謝。

沿道からは途切れぬ声援、大会をサポートしたボランティアの皆さん、関係各位の皆さんにも感謝。

「フルマラソンを走っている時に何を考えているの?」

なんて、走らない人に質問をされるけど自分の場合はこう答えます。

「ランニング仲間と一緒に走って楽しかったこと。」(目を細めて遠くを見つめながら)

そんな自分が大事にしている言葉は副部長・山本さんの

「ぼくらは走る楽しさをカルチャーとして多くのひとと共有していきたい」

応援してもらったら、倍返しで応援したい。

最後にそんなランニング仲間の皆さんに激写してもらった写真をアップしてお別れでーす。
f:id:hynm_hrc:20170309030704j:plain
f:id:hynm_hrc:20170309031020j:plainf:id:hynm_hrc:20170309031111j:plainf:id:hynm_hrc:20170309031216j:plainf:id:hynm_hrc:20170309031426j:plainf:id:hynm_hrc:20170309031516j:plainf:id:hynm_hrc:20170309031533j:plain

誰でも参加可能! フイナム ランニング クラブ♡ VOL.33 〜雑誌『フイナム・アンプラグド VOL.5』が発売したから走っちゃうよスペシャル!〜

どうも、こんちわ。

ひょんなことから今週末の札幌で行われる「第2回 ban.Kゲレンデスロープラン」に参加することになった山本です。

それはさておき、雑誌『フイナム・アンプラグド VOL.5』が明日3月24日に発売になります。それに伴いグループラン、やります。

詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.33
〜『フイナム・アンプラグド VOL.5』が発売したから走っちゃうよスペシャル!〜

日時:3月28日(火)19時30分集合 ※着替えを済ませてからお集まりください

集合場所:NOHARA BY MIZUNO
※シューズ、ウェアは持参ください。タオルのレンタルは有料だったような?

noharabymizuno.jp
※ちなみにノハラのランステの営業時間変更に伴い、ここを拠点にするのが今回が最後になりそうです……(ノД`)シクシク

詳細:コースは考え中。約1時間かけて10キロ前後を予定。走ったあとはどこかしらでビールをたらふく流し込みます。
※基本、雨天決行。大雨の場合はビールのみ決行。
___________________

参加希望の方は当日の14時頃までにフイナム ランニング クラブ♡のFacebookのグループページの該当するスレッドにご連絡ください。


あっ、僕のFacebookに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

ちなみにFacebookのグループページでは、不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。ご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!

なんなら当日、集合場所でお声がけいただいてもかまいません!


というわけで、
春らしい心地よい陽気を感じながら、
サクッとひと汗かいて
発売したばかりの『フイナム・アンプラグド VOL.5』をツマミに
美味しいビールを流し込みましょう!


写真は雫石スキー場のゲレンデを走る部長の榎本さん。

f:id:hynm_hrc:20170323162243j:plain

僕が5年かけて走った距離。

部長の榎本です。

ふと気づいたらNIKE+のスコアが10,000kmを突破していたので晒しておきます。


f:id:hynm_hrc:20170313024117j:plain
f:id:hynm_hrc:20170313024126j:plain


それなりに本格的に走り始めて約5年で10,000km。年間平均約2,000km、月間平均約160km。

当初はフルマラソンの42.195kmという距離すら想像もつかなかったのに、先日は香港で100kmウルトラトレイルを完走し、来年は100マイルレースに出るとか言ってる始末。思えば遠くへ来たもんだ。


↓3年近く前、HRC♡立ち上げ当時のエントリー

hrc.blog.houyhnhnm.jp


なんにせよ、日々の積み重ねがこうやって数字で可視化されるのはうれしいものだし、継続するための励みになる。

ただ、直近のことで言うと、1月の香港100Kを完走したことでいささか燃え尽き症候群に陥り、仕事も忙しく、2月は50kmほどしか走れなかった。それによって明らかに心身のバランスが崩れた。どんなに忙しくても走る時間は無理にでも確保したほうがいいのかも。

以上、最近の個人的な所感でした。

次回グループランは、フイナム・アンプラグド最新号の発売日(3/24)の前後、あるいは花見の時期に実施予定です。たぶん。

HOT Chocolate 15k/5k Las Vegas を走ってきました。

こんにちは、部員の武本です。

先月下旬に会社のカンファレンス参加のため1週間程ラスベガス出張が入ったのでアメリカのランニング大会サイトをチェックしたところ"HOT Chocolate"と変わったネーミングのレースを発見。
(このサイトはアメリカ全州のとてもローカルな大会まで網羅されているので、アメリカに行かれる際にはランナーの皆さん、要checkです)

仕事も兼ねてですので、15k程度の距離、そしてネーミングから察するにスイーツラン的なユルめのレースなのは容易に想像でき、正におあつらえ向きなレースだろうということでポチろうとしたところ、なんと参加費が80ドル以上。。
今の為替で考えると1万円近い参加費なので少々迷いましたが他にあまり食指が動きそうなレースも無く、結果本大会のRegisterボタンをポチリ。
(アーリーエントリーであれば15kで60ドルぐらいです)

調べたところ、このHOT Chocolate 15k/5kは2008年にスタートし、全米各都市で開催されているレースシリーズで、今年に入ってから3月までにサンフランシスコ、アトランタ、ダラス、ナッシュビル、ラスベガス、シアトル、サンディエゴで開催されます。
Ronald McDonald House Charities という財団が公式チャリティーパートナーとなっており、経済的理由で医療を満足に受けられない家族や子供たちを支援する活動を行ってます。本大会のエントリーフィーの一部も財団経由で支援活動費に充てられているのでしょうね。

レース前日に羽田からロサンゼルス経由でラスベガスに入り、ホテルチェックイン後に早速EXPO会場へ向かいます。

少しこじんまりとした会場に受付やら、大会スポンサーブースがあります。

そしてしっかりチョコレートも振る舞われていました。

そしてこちらが参加賞のグーディーバッグ(フーデッドパーカー)です。

なかなかディテールもこだわりを感じられる作りです。今回は仕事がメインでしたのであまりカジュアル着は持っておらず、滞在中寒い夜に街へ繰り出した際はとても重宝しました。

明朝レース当日、5kの部が7:15スタート後、15kの部が8:00スタートです。スタート地点はThe LINQにある名物のハイローラー(観覧車)をスタート。ラスベガスのメインストリート、ストリップ通りを少し走った後、ラスベガス郊外やダウンタウンを抜け、折り返すコースです

スタート前にゲートをパチリ。チョコレート色のゲートにマシュマロをモチーフにしたキャラクターが腰掛けてます。

以下レース風景です。ラスベガスらしい華やかさはありませんが、郊外に出るとアメリカらしいロッキー山脈が望める壮大な風景が広がります。
なお、レース中はスイーツ的要素はゼロ。私設エイドでクッキーやマシュマロを振る舞う人がいたぐらいです。エイドのドリンクも水とスポーツドリンクとごく至って普通のレースでした。


フィニッシュタイムは公式で01:24:49、1197人中192位という結果でした。
思ったより気温が上がり、ところどころ強風にも見舞われ後半は少しシンドかったですね。

ゴール後に、フィニッシャーメダルとフィニッシャーマグが振る舞われます。ゴール後、スイーツを楽しむランナー達。

マグの中身はホットチョコレートにバナナやマシュマロ、プレッツェル、クッキー、そしてディップ用のチョコレートソース。

一番最初に日本人でメダルを噛んだのはアトランタ五輪野村忠宏選手と記憶してますが、こんなメダルだったら噛みたくなりますよね。

メダルは見ての通り板チョコデザインになっています。中心のメダルはマグネットで取り外せる様になっています。他の大会でもメダルのベースは共通で、中心のメダルデザインが変わる様です。先述の参加賞のパーカーといい、日本の大会と比べてセンスがいいですよね。

いま熊本は、力強く、新しい未来へ~熊本城マラソン2017走ってきました!~

こんにちは、部員の諸隈です🐻
先日開催されました、熊本城マラソン2017に参加してきましたのでレポートさせていただきます!

【概要】
www.kumamotojyo-marathon.jp
f:id:hynm_hrc:20170224233141g:plain
川を渡るための橋の前の登りと、ゴールである熊本城に向かっていく登り坂が特徴ですかね。

スタート地点は通町筋。
どんなとこかわかりやすく言うと、熊本の渋谷?(←私が今勝手に考えました!苦情は受け付けません!)
熊本城をバックにスタートします。


大西市長のツイートより。泣けちゃう、、、

【レースのこと】
目標はズバリ、サブ4だったわけですが、、、

f:id:hynm_hrc:20170224232246j:plain
わたしの5kmごとのラップタイムです

誰も興味ないと思うけど(笑)、これ載せた方が手っ取り早いかなぁと。
水越パイセンに「ネガティブスプリットでいったほうがいいよ(ドヤァ」、と言われていたので
実行しようとしたんですけど、まんまと失敗。
ハーフ過ぎてからの失速がとってもわかりやすい。

◆心折れ(言い訳?)ポイント①(10kmもいってないくらい)
正直、走り始めたときから足が張ってて
あー今年のレースのこと考えたらリタイアしたほうがいいのかなー
もう怪我して走れなくなるのはやだなー
途中でだめになるならもう今すぐやめたーい(くそ野郎だなぁ)
もうやだー痛いよー長いよー。えーーー(ほんとクズ)
いや、とりあえずやるだけやってみよう

◆心折れポイント②(20km地点すぎくらい)
やっぱりネガティブスプリット無理やん!!
このペース維持するの無理だ!!!!
ましてや、最後ペースあげるの無理!
もうゆるゆる走っていいかなぁ~もういいかなぁ~きついよ~
ん、いや、レースプラン通りは無理だけど、
自分が今だせる1番のスピードで走る事を続けてみよう

◆心折れポイント③(38㎞くらいだったかな?)
橋の登りのところで、
足が動かん!今度こそ本当にだめだ!
歩こう~~~もう歩いていいや~~~(実際10秒くらい歩いたかも)
すると、
沿道のおじさん「ねぇちゃん!4時間きれる!!いける!!4時間!!!」
なんだよぉ~わかったよぉ~走るよぉ~
「ありがとうございます!!がんばります!!!」と答えつつ、、、
(内心、このおっちゃんになにがわかんだよ!!とか
思っちゃいましたごめんなさい)

ざっとあげると、3つだけど、数々の心折れポイントに遭遇したわけですが、
なぜ走り続けることができたのか!
そう!応援!!
f:id:hynm_hrc:20170225004021j:plain
(34km地点)

熊本城マラソンの1番の魅力はなんといっても沿道の応援かなぁと私は思ってます。
マラソンの大会経験がほとんどないので比較対象がないですけど、本当に途切れることがない。
沿道で23万人の人が応援してくれていたそうです。(熊本市の人口は約74万人)

子供のハイタッチは本当に力になるし(前半がんばってタッチしてたけど、後半力尽きてしまったごめんなさいありがとう)、
女性ランナー!とかおねーさん!とかゼッケンナンバー呼んでくれたり、
ピンポイントで応援してもらえると、とってもとっても、とってもうれしい。

あ、余談ですが、
40km過ぎの最後の給水所にいた、ボランティアの女子高生くらいの女の子たち5、6人が
「がんばってください!!」と言ってくれたので
「ありがとうございます」と手を挙げて答えたら
かわいいいいいいいいいいいい!!!!」と声をそろえてくれたのが
1番テンションあがりました。
あぁ、もうどこまでも走っちゃう、どこまでも登れちゃう、なんて。
※苦情は受け付けません、疲れ過ぎて幻聴が聞こえたのかもしれません、普段ただ生きてるだけじゃかわいいなんて言われないからね、、、)

それから、みやこさん(長崎在住のランナーの方で、インスタで知り合い同じ長崎出身ということで仲良くさせていただいてます)も応援に来てくださいました。
f:id:hynm_hrc:20170225004033j:plain
(みやこポーズ♡)
みやこさんは、スタートを見送った後、15km、34km、ゴールも見届けてくれました。
両親(実は弟も一緒に走っていて、家族も応援にきてくれてました♡)が
「なんでそんな4箇所も見れると??!どがん移動さしたと?」と言ってたので
応援のコツを知りたい方は、是非みやこさんまで。
1人だったにも関わらず、ずっと叫んでくれて、走ってても一際目立っていて
すぐに気づきました☺️✨そういう応援のコツを知りたい方も是非みやこさんまで。

そしてそして!なんといっても我らが永田さん!!
f:id:hynm_hrc:20170225004730j:plain
前日の昼間からガンガンアルコールローディングされてました
その甲斐あってか、永田さんはPB更新
www.instagram.com
おめでとうございます!!!!!すごいっ
永田さんとは25km過ぎの折り返しで会ったのですが
もうきつすぎてきつすぎてきつすぎて
声もでず、手を挙げるので精一杯でした😱😭😱
f:id:hynm_hrc:20170225182542j:plain
いい写真!撮影はみやこさん!
(わたしと永田さん時間差30分くらいあるのに😢
本当にみやこさんの、この行動力、人間力素敵だー。)
~~~~~~~~~~~~~~~

そんなこんなで、なんとか42.195kmを走り切ったわけですが、、、
不完全燃焼っす!!!!!速くなりたい!!!!!!
30km過ぎたあたりから、もうサブ4無理かぁと諦めていたので(時計みるのもやめてました)、
ネットタイムで4時間きれていたのには自分でもびっくり。
だから達成した感じが全然しない。

サブ4するためにやったことは?と聞かれても、なんにも答えきれないし、、、
ちゃんと計画立ててコツコツやらなければ、、、
、、、、、そういうの苦手だ、、、。
次走り終えたときは、達成感を得たいです。
がんばる。余裕のサブ4。


f:id:hynm_hrc:20170224230339j:plain
大学時代の後輩が、スポンサー企業で働いているので
普段はこんなことやらないけど記念に♡

f:id:hynm_hrc:20170224232159j:plain
参加賞?として熊本城の崩れた瓦のかけら。
熊本好き、熊本城好きとして、すっごいうれしい。

f:id:hynm_hrc:20170224230508j:plain
地震で被害を受けても、力強く立ち続ける熊本城を、復興に向かう熊本を、多くの人に見ていてほしい、という思いがこの瓦に込められているそうです。

マラソンは不完全燃焼だったけど、大好きな熊本の街を走る事が出来て、復興祈念の大会に参加することが出来てめっちゃくちゃ幸せです。とにかくたのしかった。つらくもあったけど。(笑)
わたしもまた一歩ずつがんばろう。
熊本の皆さま本当にありがとうございました!!!

この大会にはずっとずっとずっと出続けたいなぁ。
f:id:hynm_hrc:20170224230314j:plain
(スタート前。まだ元気(笑))

8,888段!? 舞岳ふれあいロードに行ってみました。

こんにちは。フイナム ランニング クラブ♡部員の永田です。

長崎に移住して4カ月ほどたちました。新しい生活は、なかなか新鮮で飽きません。ちゃんぽん、美味しいです♡
www.instagram.com


いつもは長崎県立総合運動公園やサッカー・JリーグV・ファーレン長崎の本拠地であるトランス・コスモススタジアム長崎の周り(たまに中のトラック)をゆるふわランニングしています。

週末は実家のある島原で、幼少のころ遊んでいた思い出の場所を走って巡ったりしているのですが、近所に「8,888段の階段があるらしい」というウワサを聞きつけ、行ってみました。

f:id:hynm_hrc:20170216193201j:plain

実家をスタート、即上り坂です(笑)。国見町にある百花台公園の近くにあるので、そちら方面に向かいます。

f:id:hynm_hrc:20170216185810j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216185948j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216190141j:plain

平成新山を望みながら、よく整備されたロング・アンド・ワインディング・ロードを、ひたすら上ります。修行です。途中、なんだか高尚な施設もあります。

f:id:hynm_hrc:20170216190341j:plain

給水も兼ねて、ふれあいロード入口にほど近い「舞岳源水」に立ち寄り。秘宝? パワー41?? 人はあまりいないけど、カオス! カエル好きな人にはオススメかもしれません。

f:id:hynm_hrc:20170216191033j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216191100j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216191358j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216191434j:plain

実家から10kmほどで入口に到着。ほとんど上り坂ということもあって、そんなに近くは感じませんでした。それでは、登ります!

島原市有明町の最高峰である、舞岳山頂までの約3kmの登山道に、丸太もしくは丸太のようものを等間隔に並べ、遊歩道として整備してあります。これを階段と呼ぶかどうかは、悩みどころです。つまずかないように注意しながら進みます。

f:id:hynm_hrc:20170216191544j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216191721j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216192017j:plain

山頂からの眺めはこんなカンジ。森の妖精??? 謎の彫刻も発見!

f:id:hynm_hrc:20170216192111j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216192155j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216192231j:plain

この日の行動食は、カーマンズのミューズリーバー。なぜか職場近くのリサイクルショップで安売りしてたので即購入。底GIで優しい味、普段グラノーラを食べている人にオススメです。

f:id:hynm_hrc:20170216192317j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216192349j:plain

来た道を戻って下山します。つまずかないように気をつけながら駆け下りました。土曜日の昼下がりにもかかわらず、登りも下りも誰にも出会いません。ふれあいロードなのに、ふれあえません(笑)。

f:id:hynm_hrc:20170216195028j:plain

下山後は、さらに4kmほど下ったところにある、両親行きつけの日帰り温泉施設で汗を流します。利用したことはありませんが、トレーニングジムが併設されていて、バイクやトレッドミル、ウエイトマシンが設置されています。

f:id:hynm_hrc:20170216192834j:plain
f:id:hynm_hrc:20170216192921j:plain

「うで湯」というのが気になったので、こんど利用してみたいと思います!