東京マラソンが、こんなにも最高だとは思いもしなかった!

こんちわ、どうも、山本です。


いまだ、夢見心地です。

なんてったって世界中のランナーの憧れの大会の1つである「東京マラソン」を走ったうえに、PBまで更新したのですから。

倍率12.1倍というプラチナチケットをゲットした、約3万6千人のランナーが東京の街を駆け抜ける…、想像を絶するほど大規模な大会です。

さて、というわけでそんな東京マラソン2018をいくつかのポイントに分けてレポートしていきます。


■序盤は下り基調! タイムが出ちゃう高速コース設計。


f:id:hynm_hrc:20180305182908p:plain
f:id:hynm_hrc:20180305182756p:plain


コースはこんな感じ。

新宿都庁からスタートし、観光気分で東京のあらゆる名所を回りながら、東京駅前の行幸通り通りがフィニッシュ地点になります。

で、ここで重要なのは高低図。スタートから5キロ過ぎまで、ほぼ下り基調。序盤から自然とスピードが出てしまう高速コース設計なんです。


とはいえ、大阪マラソン2016で3時間34分50秒というお気楽ゆるふわランナーらしからぬタイムを出していたぼくは、気負わずスタート地点に向かいました。

大阪マラソン2016の模様はコチラ↓
www.houyhnhnm.jp


f:id:hynm_hrc:20180305191300j:plain


スタート待機地点で杉山さんと合流。ちなみにぼくはCブロックから(一緒に出場した榎本さんはBブロック…、めっちゃ速いな)。

バフで顔面を覆い、使い込んだ上着は、スタート直前に洋服ポストに放り込む段取りで待機します。

f:id:hynm_hrc:20180305191705j:plain


■エイドがとにかく豊富!

スタート時間は9時10分。号砲ともに華々しい紙吹雪が舞い、42.195キロの旅路がスタートします。

f:id:hynm_hrc:20180305192620p:plain
f:id:hynm_hrc:20180305192704j:plainf:id:hynm_hrc:20180305192716j:plain


寒さを感じる序盤は基本的にバフを巻きっぱなし。

「意外とみんな飛ばすなー」と思いながらも、自分にとって心地よいペース(といってもレース特有のアドレナリンで、ラップを見ると1キロ5分を切っています)をキープしながら、靖国通りをひたすら進みます。

しかも、エイドやトイレがかなり小きざみにある! これなら急な尿意にも安心だし、水分補給も自分のペースでできちゃいます。実際、ぼくは10キロに一度くらいを目処に給水していました。


■ひたすら途切れない沿道の応援!

f:id:hynm_hrc:20180305194513j:plain


途中、くたびれたなっと感じたときに、沿道に目を向けると、人・ひと・ヒト❗

これがまた力になるんですよね。見ず知らずの間柄ではあるんですけど、とにかく頼もしい。


東京という土地柄、知り合いがたくさん応援に来てくれているのも魅力の1つ。下の写真は37キロ地点で応援してくれたフイナム ランニング クラブ♡の仲間たち。手作りのうちわ、嬉しすぎます❗

f:id:hynm_hrc:20180305195902j:plain


■折り返しが多いのが、逆に楽しい!

ここでコースを再び見てもらいます。

f:id:hynm_hrc:20180305182908p:plain


10キロ地点の日本橋あたりから、ひたすら折り返しのコースが続く設計になっています。

これが意外と気晴らしになるんですよね。トップ選手の走りを眺めたり、一緒に出ている知り合いのランナーを探したり。さすがに知り合いを写真に収める余裕はありませんでしたが、とにかく走っていて飽きることがない。


本来は壁となる後半30キロ以降の折り返しも、対抗のコースの表示を見れば、あそこまで行けば残り数キロか、と距離感が見えるので気が楽になれます。

f:id:hynm_hrc:20180305214046j:plain


■自分のタイムを予測するための裏技。

f:id:hynm_hrc:20180305204842j:plain


そんなこんなであっという間の42.195キロ。気になるタイムは3時間26分3秒。まじか! 自己ベストを8分近く更新!

手持ちのGoProで撮ったゴールシーンがこちら。



f:id:hynm_hrc:20180305202325p:plain
f:id:hynm_hrc:20180305202405p:plain


応援ナビのラップを見ると、ほとんど狂うことなく5キロを24分前後を刻んでいるのが見て取れます。


3時間16分という驚愕のタイムを叩き出した榎本さんは、応援ナビの予測タイムをもとに、終盤のスピードを調整したそうです。そんな使い方があるとは…。


f:id:hynm_hrc:20180305203806j:plain


当日、ぼくが履いたのはアシックスの長距離用ランニングシューズ「メタラン」。よくある後半の大幅な失速を防いでくれたのはシューズのおかげかなと。実際、翌日以降の疲労も少なかったですし。


■最後にまとめ!

ゴール後は着替えて、表参道の清水湯に直行。ひとっ風呂浴びて、14時にはビールに有りつける。これもぼくらにとって勝手知ったる東京の大会のメリットだといえますね。

f:id:hynm_hrc:20180305205155j:plain


タイムの出やすいコース設計に、途切れない沿道、楽しい折り返し、さらに約3万6千人いるとは思えないほどスムーズなナビゲーションも素晴らしい!


改めて世界に誇れる大会なんだなと、自分の身を持って実感させていただきました。東京マラソンに携わったみなさま、ありがとうございました!

f:id:hynm_hrc:20180305210009j:plain


この日は打ち上げと称して、3軒のはしご酒。結局、飲んでる時間のが長いのはご愛嬌ということで…。

「第52回 青梅マラソン(2018)」走ってきました!

部長の榎本です。

2/18(日)に開催された青梅マラソンに参加してきました。

舞台は東京都青梅市。距離は30km
1967年に始まり、今年で52回目を数える歴史ある大会です。

この日は雲ひとつない快晴で、暑すぎず寒すぎない絶好のマラソン日和。

f:id:hynm_hrc:20180305162051j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305154520j:plain

スタート時間は午前11:30。
ラソンとしてはかなりのんびりなスタート。
前日飲みすぎても無問題ですな。

f:id:hynm_hrc:20180305154729j:plain

自分自身、この大会に出るのは初めて。
過去に出た人から「応援が楽しい」と聞いていたんですが、まさにそのとおりでした。

沿道には、応援歌をコーラスするおじさんたちがいたり、太鼓を叩く高校生がいたり、ハイタッチしてくれる子どもたちがいたり、大声でランナーへ声援を送るおばちゃんたちがいたり。

f:id:hynm_hrc:20180305154602j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305160316j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305154647j:plain

応援がとにかく楽しい。そして、あたたかい。
応援している人たちも心から楽しんでいる様子が印象的でした。

あと、この大会は私設エイドが多いのが特徴。
自分は他の大会では私設エイドで食べ物や飲み物を受け取ることはほとんどないけれど、今回はチョコやら飴玉やらコーラやらいろいろといただいた。
なかにはシュウマイを配っている私設エイドもあってびっくり。

f:id:hynm_hrc:20180305154752j:plain

聞くところによると、去年は唐揚げや蕎麦を提供する私設エイドもあったとか。

なお、今回の青梅マラソンにはフイナム ランニング クラブ♡からもたくさんのメンバーが参加。
特に同行者を募ったりしたわけではないんですけどね。

f:id:hynm_hrc:20180305154949j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305155004j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305155038j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305162024j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305155137j:plain

なにがよかったって、折り返しのコースなので、すれ違う際にお互い声を掛けあえること。
ほんの一瞬だけど、走りながらのコミュニケーションがうれしい。
なかには、このレースに出ていたことを知らず、「あれ、あなたも出てたのね〜!」という人が何人かいました。

30kmという距離設定に関しては、当初は「微妙だな〜」と思ってたのが正直なところ。
フルやハーフなら、目標タイムを設定して、それを目指して走るけど、30kmの大会は他にないので、タイム的にはモチベーションの持って行きどころがない。
でも、それゆえに、逆に「楽しむ」ことに集中できてよかったかなと。

そして、フルマラソンの場合は不可避であり、もっともつらいところである「30kmの壁」や「35kmの壁」を感じずに済む
これはいいですね。

足元は榎本山本ともにプーマのネットフィット

f:id:hynm_hrc:20180305155417j:plain

f:id:hynm_hrc:20180305155447j:plain

アッパーがネット状になっていて、シューレースを通す位置を好みで変えられるのが特徴。
また、このシューズに搭載されているイグナイトソールは反発性とクッション性の塩梅がちょうどよく、30kmの道のりを快適に支えてくれました。

レース後は、近くの温泉で汗を流し、ビールで乾杯。
天候にも恵まれ、とても充実した一日を過ごすことができました。
青梅マラソン、また来年も出たい!

アテンドしてくださったプーマジャパンのみなさん、ありがとうございました〜!!

f:id:hynm_hrc:20180305155614j:plain

フイナム ランニング クラブ♡ VOL.43 〜東京マラソンの前にもみんなで走って飲んじゃうよスペシャル〜

ども、こんにちわ、山本です。


ラソンシーズン真っ只中でありますが、グループランやります。今回は東京マラソン目前ということもあり、香港、台湾あたりからお客様も来られる模様。

詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.43
東京マラソンの前にもみんなで走って飲んじゃうよスペシャル〜

日時:2月23日(金)19時30分集合

集合場所:RUNBASE|adidas RUNNING
http://adidas.jp/running/runbase/
※シューズ、ウェアともに一式レンタルも可能です(有料)。

詳細皇居周辺を約7キロほど走ってフーターズで一杯というゴールデンコース。
※基本、雨天決行。大雨の場合はフーターズのみ決行。
___________________


参加希望の方は当日の14時頃までにフイナム ランニング クラブ♡のFacebookのグループページの該当するスレッドにご連絡ください。


ぼくのFacebookに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

Facebookのグループページでは、不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。ご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!

なんなら当日、集合場所でお声がけいただいてもかまいません!


というわけで
東京マラソンに出場する人も、しない人も
国籍も性別も関係なく、
みんなで走って、みんなで飲んで、
新たな交流を楽しみましょう❗❗🍺🍺


f:id:hynm_hrc:20180216192557j:plain
f:id:hynm_hrc:20180216192553j:plain
f:id:hynm_hrc:20180216192602j:plain


写真は先日、ぼくの実家に民泊して参加した守谷ハーフマラソンのひとコマ。
走っている写真が一枚もない…笑

いやあ、柏の太平楽の唐揚げは相変わらず美味しかったデス🐔🐔🐔

ナイキが新たなソールテクノロジーを発表。その名も「REACT」。

どうも、こんちわ、山本です。


ズームヴェイパーフライ4%でランニングシューズシーンに新たな風を巻き起こしているナイキより、新しいソールテクノロジーが発表されています。


f:id:hynm_hrc:20180124174418g:plain
f:id:hynm_hrc:20180124174438j:plain
f:id:hynm_hrc:20180124174456j:plain
f:id:hynm_hrc:20180124174631j:plain
f:id:hynm_hrc:20180124174641j:plain
f:id:hynm_hrc:20180124174555j:plain

news.nike.com


オフィシャルサイトは英語なので、ぼくには詳細がチンプンカンプンではありますが、見る限りはクッション性が特徴なのかな。

とりあえず試してみたいっす。

フイナム ランニング クラブ♡ VOL.42 〜せっかくなら走ってお別れしましょうスペシャル〜

あけおめ、ことよろ。山本です。


さて、2018年の一発目のグループラン、やります。しかも、今回は1月末で惜しまれながら閉店してしまうアンルート 二子玉川を拠点に行います。


詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.42
〜せっかくなら走ってお別れしましょうスペシャル〜

日時:1月31日(水)19時15分集合

集合場所アンルート 二子玉川
EN ROUTE / アンルート 公式通販 | ユナイテッドアローズ公式通販 -UNITED ARROWS LTD.-
※シューズ、ウェアは持参ください。タオルのレンタルはあります(有料)。

詳細二子玉川近辺を約5キロほど走って、その後は店舗内にてご歓談。閉店後に近場の居酒屋でビールの可能性も。
※基本、雨天決行。大雨の場合は店内でご歓談→居酒屋。
___________________


参加希望の方は当日の14時頃までにフイナム ランニング クラブ♡のFacebookのグループページの該当するスレッドにご連絡ください。


ぼくのFacebookに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

Facebookのグループページでは、不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。ご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!

なんなら当日、集合場所でお声がけいただいてもかまいません!


というわけで
アンルート 二子玉川の最終日に
走って、飲んで、泣いて、笑って、
お店の思い出話に花を咲かせつつ、
みんなでアンルートの有終の美を飾りましょう!


f:id:hynm_hrc:20180116152809j:plain

「第五回 身延山 七面山 修行走」参戦レポート!!!

どうも、こんにちわ、山本です。


すっかり時間が経ってしまったのですが、年内最後のレースとして「修行走」に参加してきました。

正しくは「第五回 身延山 七面山 修行走」ですね。日蓮宗の総本山である久遠寺がある身延山から七面山の参道を駆け抜けるレース。モチのロンでぼくは七面昇龍ロングコース(36キロ/累積標高2700メートル!)での出場。

というわけで「身延山 七面山 修行走」の特徴をポイントごとにご紹介していきましょう。


■まさに修行! とにかくタフなコース設計。

f:id:hynm_hrc:20171221161441j:plain


コースレイアウトを見れば分かる通り、奥之院思親閣と身延山久遠寺、感井坊という3つのピークを登って下りてゴールという単純明快なコース。

が、しかし、ほとんどがいわゆるトレイルではなく整備された参道や階段。登りのほとんどは、ただ黙々と上を目指し、足を進めるしかありません。


f:id:hynm_hrc:20171221172718j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221172724j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221172729j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221172735j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221172825j:plain


最もキツイと思われる身延山久遠寺を登り、ようやくご褒美の下り…と思いきやその角度がエゲツない…。しかも、路面は大きな砂利でかなりスリッピー

ヒャッホー! と楽しく走るのではなく、常にブレーキをかけながら、滑り落ちないように下っていくと、みるみる足はパンパンになってしまいます。


■充実のエイドににんまり。地元の方の応援にほっこり。

f:id:hynm_hrc:20171221180539j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221180546j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221180549j:plain
f:id:hynm_hrc:20171221180553j:plain


その名の通りの修行のようなコースでありながら、なぜこの大会が人気あるのか? それは充実のエイドと、地元の方々の暖かい応援にあります。

水やスポーツドリンク、オレンジジュースにコーラ、温かいスープ類、ポテトチップス、チョコレート、はたまたお饅頭まで、疲弊したカラダを癒すのには十二分のメニューがすべてのエイドでスタンバイされています。


f:id:hynm_hrc:20171221180608j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222175922j:plain


そして応援。これが、とにかく暖かい。地元の方々がこのレースを年に一度のお祭りとして受け入れてくれているのが、グイグイと伝わってるんです。ちょっぴり浮かれた僧侶が見られるのも、この大会ならではと言えるかもしれません。

ゆえにタフなコースでありながら、走り終えるといい思い出として記憶されるんじゃないかなと。


■歴史ある仏閣と素晴らしい眺望で、日本の美しさを再認識。

f:id:hynm_hrc:20171222142353j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222142358j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222143137j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222142410j:plain


コース上にはさまざまな仏閣が点在しているのも修行走の特徴の1つ。日々、都会の喧騒に追われていると、こういった歴史ある建造物を目にするだけでもとても新鮮なのです。


f:id:hynm_hrc:20171222143126j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222143131j:plain
f:id:hynm_hrc:20171222144024j:plain


そして景色も素晴らしい。天気がよければ、富士山を眺めることがだってできちゃいます。


■宿坊泊で参拝者気分を満喫できる!


そもそも参拝者の宿泊施設である宿坊に、泊まることができるのも修行走の魅力の1つ。

実際、身延山周辺には数々の宿坊があり、精進料理をベースにした料理は、カラダに優しく、ボリュームも満点。

修行走を満喫するならば断然、参拝者気分も味わえる宿坊泊がオススメです。

が、どういうわけか写真は酒飲んでるシーンばかりだったので、ここでは自重しておきます。


■まとめ

コースはアレだけど、それを上回る面白味がある!

いやあ、なによりも町全体のホスピタリティがいいですね。とにかく居心地がいい。前夜祭も含めてレース全体のオペレーションもしっかりしているので、とにかくストレスを感じさせない。

時期的にも1年の締めくくりに相応しいレース。みなさん、来年いかがでしょう?


f:id:hynm_hrc:20171222172729j:plain


ちなみに当日、ぼくが履いたのはサロモンの「SENSE RIDE」。

衝撃を吸収・軽減させるVIBEテクノロジーに加え、充分なクッション性も兼ね備えているため、足運びもよく疲れの蓄積を抑えてくれます。しかも、ラグも深くないので、トレイルではしっかりグリップしながら、ロードでも違和感なく走ることができます。


あっ、いちおう成績を言っておくと、6時間34分17秒で327人中162位。ふーむ、まあ、ぼちぼちですね…。

まあ、なんにせよ楽しかったです! 大会に携わったみなさま、ありがとうございました!


f:id:hynm_hrc:20171222175254j:plainf:id:hynm_hrc:20171222175258j:plain
f:id:hynm_hrc:20171206203640j:plain

※写真はオフィシャルから数枚、拝借してます。

フイナム ランニング クラブ♡ VOL.41 〜年の瀬だろうと走って飲むよねスペシャル〜

ども、こんにちわ、山本です。


さて、グループランやります。大晦日の高尾をのぞいて年内最後のグループランになるので、忘年会もかねて行います。

詳細は下記。

___________________
フイナム ランニング クラブ♡ VOL.41
〜年の瀬だろうと走って飲むよねスペシャル〜

日時:12月12日(火)19時30分集合

集合場所:RUNBASE|adidas RUNNING
http://adidas.jp/running/runbase/
※シューズ、ウェアともに一式レンタルも可能です(有料)。

詳細皇居周辺を約10キロほど走ってフーターズで一杯というゴールデンコース。
※基本、雨天決行。大雨の場合はフーターズのみ決行。
___________________


参加希望の方は当日の14時頃までにフイナム ランニング クラブ♡のFacebookのグループページの該当するスレッドにご連絡ください。


ぼくのFacebookに友達リクエストしていただいてからのやりとりでも構いません。

https://www.facebook.com/hyamamoto1978

Facebookのグループページでは、不定期のグループラン情報の告知や参加の有無、メンバーの大会参戦事情など、さまざまな情報をメンバー同士で発信、共有しています。ご自由に参加できますので、気になる方はぜひ。

https://www.facebook.com/groups/724314124329519/


なお、フイナム ランニング クラブ♡はどなたでも参加可能です!!
お気軽に問合せください!!

なんなら当日、集合場所でお声がけいただいてもかまいません!


というわけで
たっぷり走って、どっぷり飲んで
残り少ない2017年を振り返りつつ、
新たに迎える2018年のレーススケジュールでも
一緒に立てていきましょう!



f:id:hynm_hrc:20171206203640j:plain

そういえば身延山 七面山 修行走、完走しましたー!

いやはやしんどいコースでした……。が、前夜祭に地元の方々の応援、充実のエイドに美しい眺望の数々まで、大会全体の雰囲気がとにかく素晴らしい。

近日中にレポートも書くので、お楽しみに!