読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の「おもてなし」と極上の「ふかふかトレイル」【第7回 神流マウンテン ラン&ウォーク】に参加してきました <前編>

こんにちは。

マラソンシーズンに入り、各地の大会に出場されるラン仲間に刺激をうける毎日ですね。
本日のさいたま国際マラソンで見事2位に入った吉田香織さんの走り、感動しました!


フイナム ランニング クラブ♡の水越です。

先日、部長の榎本さんと、
【神流マウンテン ラン&ウォーク】に参加してきました。

今回は色々書きたいネタも多いので、前後編の2回に分けてお届け致します。



【第7回 神流マウンテン ラン&ウォーク】

2015年11月8日開催。
舞台は群馬県神流町(かんなまち)。

高齢化と過疎化が進み、人口は2000人程。
限界集落の拡大に悩む地域の人々が行政と連携し、街興しの一環として立ち上がったのがこの大会。
トレイルランニングの日本人第一人者、鏑木 毅さんが元々群馬県生まれ、群馬県庁勤めだった縁もあってプロデュースに加わり、今に至ります。

街をあげての温かいおもてなしや応援、民泊、前夜祭、そしてふかふかの極上トレイル。
人気が出ないわけがありません。

そんな屈指の人気トレイル大会。
エントリー合戦を見事勝ち抜き参加してきました。

現地へは前日入のため、東京駅からシャトルバスにて揺られること約3時間半、神流町に到着です。
f:id:hynm_hrc:20151115195716j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115203609j:plain

受付を済ませ、今回の宿泊先「山楽荘」へ。
f:id:hynm_hrc:20151115195223j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115195250j:plain
番犬(?)のチョロさんがお出迎え。

f:id:hynm_hrc:20151115202140j:plain
手づくりの参加賞など。この木の参加賞の裏には、ランナー1人ひとりの名前が書かれています。嬉しい。

そそくさと荷物を置いて、鏑木さんのトレランクリニックへ向かいます。


【鏑木さんのクリニック】

f:id:hynm_hrc:20151115195417j:plain
本物だ!寝ぐせカワイイ。。

大会の特徴やコースの攻略ポイントなど、軽妙な語り口でおよそ一時間ほどのガイダンスを。
これが翌日のレースでほんとに助かりました。


【前夜祭】

この大会の一つの醍醐味が、ほぼ全ランナーが集結する前夜祭。
とにかくおもてなしが凄い!
f:id:hynm_hrc:20151115201005j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115195945j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115201522j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115202514j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115201438j:plain
明日レースだということも関係なく、どんどん酒が進みます。

f:id:hynm_hrc:20151115200023j:plain
そんな最中、ミーハーな僕はしっかり鏑木さんとも記念写真&サインGet。

今回のゲストランナーは、2010年ハセツネの優勝者、Ludovic Pommeret(ルドビック・ポメル)選手
f:id:hynm_hrc:20151115200042j:plain
HOKA ONE ONEのパーカーがカワイイ。

f:id:hynm_hrc:20151115200051j:plain
ミーハーな僕はしっかりルドビック選手とも記念写真。
ちなみに見事ロング40kmの部で優勝されたそうです。



そんな感じで2時間ほどが経ち宴もたけなわ。まだ18:30だけど。
参加者皆で明日の決起を!
f:id:hynm_hrc:20151115200318j:plain

その後、榎本さんとダラダラしていた僕は宿への送迎バスに乗り遅れ、歩いて戻ることに。。

f:id:hynm_hrc:20151115200522j:plain
f:id:hynm_hrc:20151115200545j:plain
途中、街の端にあった一軒の酒屋で晩酌用の缶ビールを調達。
ここのおばぁさんがホント優しくて、翌日のレースの時にも立ち寄ることをしっかり約束。


宿に戻ったところ、同部屋の皆さんはロングに出場ということもあって黙々と準備。(僕はミドル)
f:id:hynm_hrc:20151115200434j:plain
※写真許可済み

明日は頑張りましょう!
f:id:hynm_hrc:20151115200457j:plain


後編へつづく