読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『金沢を丸ごと走る!!』 初づくしの金沢マラソンに参加してまいりました。

こんにちわ。フイナムランニングクラブ部員 佐原です。
いよいよレースシーズン解禁ですね。
部員の皆さんも既に様々なレースに参戦し、各地で高記録叩き出していて、刺激を受けまくりです。
かく言う僕は、11月15日(日)行われた第一回金沢マラソンに参加してまいりました。
10月末の手賀沼ハーフに続く今シーズン2度目のレース。
記念すべき第一回大会であり、かつ僕自身初のフルマラソン、更に北陸初上陸(当然初の北陸新幹線
何から何まで『初』づくし。走る前からランナーズ・ハイのようになってました。
ちょうど一週間経過し、勲章ともいうべき筋肉痛は完全に弾きましたが、記憶が鮮やかなうちにブログに残しておきます。
長いブログになってしまいましたが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

f:id:hynm_hrc:20151122211004j:plain

【前日編】
今年開業した北陸新幹線に上野から乗り込み、鈍行タイプで3時間ちょっと。
(写真撮ってませんし、どうでもいいことですが、新型車両は従来窓際にしかなかった電源が全席確保されてます。これは嬉しい)

先に到着していたHRCメンバー川口さんと合流し、有名な鼓門を構えたおもてなしドームで前日受付。
僕はAブロック、川口さんはBブロックからのスタート。サブ3.5、サブ4での申告タイムでこの位置からっていうのはちょっと驚き。

f:id:hynm_hrc:20151122211056j:plain

その後は別行動となり、僕は応援に来てくれた両親と共に市内観光。

f:id:hynm_hrc:20151122211241j:plain

兼六園

f:id:hynm_hrc:20151122211332j:plain

長町武家屋敷跡

その他、ひがし茶屋街や名前忘れましたがどこかのお寺などを駆け足で周りました。
どこも風情があって良いところですね。
覚悟しておりましたが、やはり結構な人の数。ただ地元の人曰く、マラソン云々関係なく、新幹線開業後の土日はだいたいこんなもんだ、とのこと。新幹線効果は抜群ということなんでしょうかね。

夜、近江町市場で川口さん&お友達と再度合流し、海の幸をベースにカーボローディングを行い早めの解散。

嫌な予感がしてましたが、案の定ほぼ寝付けず、明け方4時までは記憶バッチリ。
完全に興奮覚醒してました(結果に対しての言い訳ではございません笑い)

【当日編】
6時起床、って寝れたのかどうかわかりません。熱めのシャワーを浴び、朝食を済ませ、川口さんと共にいざ会場へ。

f:id:hynm_hrc:20151122212146g:plain

コースはこんな感じ。市内を正に縦横無尽。

何とか天気保つかなぁと思っていたらスタート15分前から土砂降り笑。

f:id:hynm_hrc:20151122212331j:plain

テンション下がりかけていた9時にスタート!!!
すると、雨が一気に上がりました。
初フルでのサブ3.5目指して5分/kmのイーブンペースで突き進んでいきます。

【スタート~10km】
金沢城公園、兼六園香林坊、武蔵ヶ辻、金沢駅など正に中心街を走ります。
Aブロックスタートということもあり、ネットグロスの差は約2分。スタート渋滞もほぼなく最初からレースペースで突き進みます。
f:id:hynm_hrc:20151122212445j:plain
f:id:hynm_hrc:20151122212514j:plain
f:id:hynm_hrc:20151122213354j:plain

【10km~中間地点】
市内南部の郊外エリアを経由して再度中心街に戻り、市内北部の田園エリアに向かいます。
18km付近で応援してくれていた両親が僕をパチリ。

f:id:hynm_hrc:20151122212609j:plain

両親は手を振る僕を見て気がついたと思ったらしいのですが、僕は全く気がついていませんでした笑。
なんであれちょっとした親孝行が出来て良かったです。

f:id:hynm_hrc:20151122214156j:plain

中間地点、つまりハーフまでは完璧な5分/kmでのイーブンペース、1時間45分をわずかに切るくらい。
疲労感も全く無く、このまま先に進みます。

【中間地点~30km】
ここまでは本当に順調でした。30kmの通過タイムは2時間半。時計のように正確なラップを刻めていました。
そう、ここまではね笑。

【30km~フィニッシュ】
30kmを通過して間もなくいきなり両足が痙攣&攣ってしまいました。
こむら返りのような激痛に近い痛み。
ここから一気にタイムが落ちていきます。
それまでもかなり意識的に補給してきただけにかなりショックでした。
これがいわゆる『壁』ってヤツか…。
やっぱり30km走やっときゃよかったなぁ…、ガッツリカーボローディングしときゃよかったなぁ…、とか思う暇もないくらいとにかく痛い笑。
35km通過タイムが3時間6分3秒。5km走るのに36分かかっておりました。
このペース、そして脚の状態残り7kmを24分で走るのは無理(問題ない状態でも7kmを24分で走るなんて無理なんですが笑)
とわかった瞬間、最低でもサブ4だけは死守しようと奮起。
とは言え、走る毎に酷くなるばかりの脚。
沿道の方の多くがエアーサロンパスを持ってくださってて、これには本当にお世話になりました。どなたかわかりませんが、本当にありがとうございました。
都合4回吹付け、騙し騙しで進んで行きます。初めてこういうの使ったんですが、物凄い効果あるもんですね。
(少なくとも吹付け後1kmはどうにかなりました)

そしてゴーーーーール!!!!

f:id:hynm_hrc:20151122214250j:plain
そう、これをやりたかったんです笑。笑顔でこれをビシっとキメる。これだけで十分です。

記録は
3時間55分3秒(ネットタイム)

f:id:hynm_hrc:20151122215117j:plain
正直順位なんてどうでもいいです笑。
グロスも2分オントップ。初フルマラソンでのサブフォーは何とか達成出来ました!!
当初目標だった初フルサブ3.5は達成出来ませんでしたが、色々次に繋がる経験になり収穫多きものでした。

f:id:hynm_hrc:20151122215215j:plain
川口さんも4時間14分と高記録でフィニッシュ!!ナイスランでした!

色々わかったこと、トレーニング課題など明確になりましたが
『マラソンは30km(あるいは35km)から』
これに尽きると思います。

大会運営:応援など含め、第一回とは思えぬパーフェクトなものだったと思います。
特に沿道の声援。これは本当に凄かった(他の大会との比較はあまり出来ませんが)
途切れることのない声援。思い返すと鼻の奥が今でもツーンとしてしまいそうなくらい。
他のフル大会参加経験のある川口さんや僕の友人も今までで一番かも?というくらいだから間違えない。
f:id:hynm_hrc:20151122220911j:plain
川口さんが泊まったホテルが用意していたもの。これって絶対うれしいですよね。
とにかく市内のあちこちでこういった『おもてなし』を感じることが多かったです。

最後にお約束の当日のギアを。
f:id:hynm_hrc:20151122221806j:plain
CAP→Patagonia Duckbill Cap
TOPS&ARMCOVER→GYAKUSOU
SHORTS→THE NORTH FACE Flyweight Racing Short
SOCKS→c3fitアーチサポートハイソックス
SHOES→PUMA IGNITE POWERCOOL
シューズは最後まで悩みましたが、最後まで安定感をもって42km支えてくれました。
km5分くらいだと反発とクッショニング両方をいい塩梅で発揮し、ヘタってた30km以降は痛めた脚をサポートしてくれるようなクッション性が全面に出るような。

このブログをお借りして
HRCメンバー、ラン友、応援してくれた友人、家族に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
皆さんの応援、そして『おめでとう!!』こそが最高の励みでした。

来年も出るぞ!!!(抽選アタレw)