読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間は、フルマラソンに、向いてない。湘南国際マラソン2015参戦記 長嶋編

ロードランニング レース・大会

こんにちは。フイナム編集部長嶋です。

もうね、表題の通りです。


フルマラソンってのは本来人間には向いてないスポーツです。
42.195KMを一生懸命走るという行為は、身体機能の限界を明らかに超えています。
いろいろ研究結果も出ているみたいです。

でも、だからこそ、技術と体力を研鑽すればぐんぐん上達できるってのがニクいところ。
フルマラソンは奥が深いなあと改めて実感しました。


f:id:hynm_hrc:20151208115907j:plain


そんなわけで、先日走った湘南国際マラソン2015のレポートを。

以下、山本副編集長のブログも併せてご覧ください。
hrc.blog.houyhnhnm.jp



フル出走者数2万人弱を誇るこの大会。
東京、大阪、名古屋に次ぐスケールで、さながらフェスのような盛り上がり。トイレにもフェスのごとし大行列。


初マラソンは石垣(フル2000人前後)、二度目はサイパン(フル100人前後)と、小規模レースしか経験していない自分は、人の多さに圧倒されてスタート地点にたどり着く前からやや疲弊してしまいました。
とにかく早めの行動が明暗を分けます。また、抜群に良い天気でしたが、朝は気温が低くかなり寒かったので、冬のレースはこのあたりの対策も必須だなと感じました。


f:id:hynm_hrc:20151215190703j:plain



エントリータイムを3時間59分で登録していたのでスタートはDブロック。
大行列に並びスタートの号砲を待つも、9:00の定刻を過ぎてもなかなか動かず、ノロノロとスタート地点を通り抜けたのが9:10頃。

ここ数ヶ月の走りこみで走力が向上した自分にとって、Dグループのスピードはスローすぎました。
なんとか人の合間を縫って前に前に出ますが、かなりロスしてしまったなと。
ただ、スタート直後一気に加速しなかったことが逆によかったような気もします。
こればかりはどちらが正解かわかりませんね。



f:id:hynm_hrc:20151210174304j:plain


基本的に単調な折り返しコースなので、以下ざっと総括。


1~10kmはkm/5:05のペースで快走。
10km〜30km地点は、5:00切るくらいのペースでストイックに攻める。かなり順調。
30km地点で平均タイムがkm/5:01で、サブ3.5も射程内か・・・?と期待を抱くも、そう容易くはいかないのがフルマラソンの恐ろしさ。
34kmで一気に限界が訪れ、特に脚まわりにエネルギー切れの感覚と痛みが。
ここからゴールまでは人生で一番長い8kmだったかもしれません。
時間の感覚は状況に応じて伸び縮みする、とはよく言いますが、これ本当だと思います。めちゃめちゃ長かったもん笑。
ラスト5kmはkm/6:00をオーバーするタイムにまで落ちてしまい、結果的にはネットタイム3時間41分

前回の4時間09分からは大幅にベストを更新するも、最後まで攻めきれなかったという不完全燃焼感は残りました。
やはり、「フル」という距離は絶妙だなと思います。
毎回この距離を決めたアテネの偉い奴のことを呪いながら走っていますが、本当の本当にしんどいからこそ達成感も大きいのだなと思い直します。


f:id:hynm_hrc:20151210172559j:plain


今回、レースの規模が大きく、応援に来てくれた人たちとちゃんと会えるのか心配でしたが、Glympseという位置情報通知アプリが結構役立ってくれました。

www.itmedia.co.jp

2ステップで簡単に利用できるので、東京マラソンや横浜マラソンなど、大きいレースを控えている方はチェックしておくといいかもしれません。



さて、お約束の、着用ギア一覧です。


時計:スント Ambit3 Run
ヘッドウェア:GYAKUSOU
アウター:SALOMON JP FAST WING JACKET(SUUNTOのロゴが入ったスペシャルバージョン)
トップス:GYAKUSOU
ボトムス:THE NORTH FACE
シューズ:NIKE FLYKNIT LUNAR3
ソックス:TABIO SPORTS
アイウェア:OLIVER PEOPLES


個人的に特にパフォーマンスが高いと感じたギアは、SALOMON JP FAST WING JACKET。
途中からは腰に巻いて走りましたが、非常に軽くてまったくストレスがありませんでした。
終盤汗冷えしてきたかな、というタイミングで再度着用して風を防ぐことができたので、
冬のレースにおいては一枚持っておくとかなり心強いかと。

今回長嶋は個人でエントリーしていたのですが、suunto(アメアスポーツ)の萩山さん、凛の野村さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。


やや燃え尽きた感もありますが、次はハイテクハーフマラソン青梅マラソンが控えているので、楽しく虎視眈々と走っていきたいと思います。


そうそう、年末に今年最後の忘年グループランをやるって話を小耳に挟んだので、みなさま是非乾杯しましょう。(下戸の僕はウーロン茶で♡)


それでは。