読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前日に大量の香辛料摂取は厳禁。でもなんとか完走した話。

ロードランニング

幽霊部員の中田です。実は走ってました、名古屋シティマラソンこちらで同じ部員の細井さんも書かれていますが、遅ればせながら僕もレポートを。


f:id:hynm_hrc:20160407211634j:plain


ほぼ(たぶん)1年ぶりのハーフマラソン。自己ベストは1時間50分20秒ぐらいだったので、一応目標は1時間45分切りでした。まずタイムは、グロス2時間11分01秒、ネットが2時間10分51秒という散々たるものでした。自己ベストより10分以上遅いタイム。でも、これには理由が。。。

名古屋へは副部長山本と「代官山通信」でおなじみの蔡さんと一緒に前日入り。夕方に到着してひとまずホテルにチェックイン後、荷物を降ろして、名古屋で台湾料理といえば? の「味仙」でビールローディング。そもそも、ここへ来てしまったのが運の尽き。ちなみに食事は22時には終了して、日付が変わる前に就寝しました。

そして大会当日。前日に買っておいたパンとバナナと牛乳を流し込む。その10分後には快便という、2時間をオーバーするなんてありえないぐらい体調が良い朝を迎えました。そそくさと準備を済ませてチェックアウト。移動は電車。で、会場の最寄駅「大曽根」駅構内を歩いていたら、何やらお腹がギュルギュル悲鳴を挙げてきたわけです! ここまでお伝えすれば、この後の大会の模様は、このタイムがすべてを語ってくれているはず。


f:id:hynm_hrc:20160407214907j:plain


合計7回、トイレに駆け込みました。
僕の名古屋シティマラソンはこうして終了。
前日に台湾ラーメンは食うべきではなかった。


f:id:hynm_hrc:20160407220618j:plain


履いたシューズは「Nike Flyknit Lunar 3」。基本的にずっとアスファルトだった名古屋シティマラソン。柔らかいソールと反発性の高いクッショニングが足運びをスムーズにしてくれるだけでなく、いつも10kmを超えるを痛み出す左膝も、ゴールまで一切痛むことなく完走できました。下痢にさえならなければ、目標タイムの1時間45分を切れていたと思います。とりあえず、完走後にいただいた蓬莱軒のひつまぶしは最高でした。一杯目のビールの美味いこと美味いこと! 何はともあれ、関係者のみなさま、ありがとうございました!


f:id:hynm_hrc:20160407215048j:plain