読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉最強説を裏付ける、トレイルランニングの魅力。後編

時の経つのはいと疾し。

hrc.blog.houyhnhnm.jp

なんと、前編から一ヶ月半以上の月日が経ってしまいました。

全世界50億人のHRC♡ファンのみなさま、大変もうしわけございません!!!

以下にて鎌倉トレイルレポートの続きをお送りします。



f:id:hynm_hrc:20160530173833j:plain

公園からキャッキャと徒歩にて移動。ヨガを通じて、ある種の一体感が生まれたような気がします。

f:id:hynm_hrc:20160530173830j:plain

入り口は、寿福寺

f:id:hynm_hrc:20160530173831j:plain

境内をゆっくりジョグで移動。(※人通りのある時間は避けるのがマナーです。)

f:id:hynm_hrc:20160530181236j:plain

そのまま山へ入っていきます。こういう階段って、上る前は無性にわくわくするし、上っている最中はしんどいです。

f:id:hynm_hrc:20160530181322j:plain

鎌倉といえば切り通し。この狭さ、通る前はわくわくするし、通っているときは意外と普通です。

f:id:hynm_hrc:20160530181327j:plain

林道は、トレランの醍醐味ですね。

f:id:hynm_hrc:20160530180406j:plain

開けたところで小休止。ここまでものの10分ほど!景色がいいです!

f:id:hynm_hrc:20160530173925j:plain

からの集合写真第一弾!にこやかですね〜。

f:id:hynm_hrc:20160530180419j:plain

新しい「フーディニジャケット」についてのレクチャー。
軽く、かさばらず、多少の雨や風ならものともしない。
その快適さゆえ、素肌に着る人もいるのだとか。

走っているうちは暑いけど立ち止まると少し肌寒いシチュエーションは、トレイルにおいて必ず訪れます。
そんなときに、バッグやポケットに忍ばせた「フーディニ」が心強い味方になってくれるというワケ。


レクチャーの後は、トトロシズルのある道を抜けて、軽快にラン・ラン・ラン!


f:id:hynm_hrc:20160530180429j:plain

f:id:hynm_hrc:20160530180445j:plain

f:id:hynm_hrc:20160530174204j:plain

f:id:hynm_hrc:20160530173700j:plain


海岸からの移動込みですが、トータル10キロほどのコース。
ちょっと物足りないくらいの人は、コースを周回するか、源氏山の奥深くまで攻めるという手も。


f:id:hynm_hrc:20160530200230j:plain

参加者全員でニッコリ。いやー、楽しかった。
平日のど真ん中に晴天の鎌倉で自然とたわむれるひとときは、なかなか背徳感がありました。

f:id:hynm_hrc:20160530200035p:plain

こちらのルートは副部長山本のラン・アプリ「ストラバ」から拝借。
海と山をどっちも楽しめるルートって、めちゃくちゃ珍しいのではないでしょうか。

tabelog.com


ラン後は、着替えてランチへ。
パタゴニアのみなさまもおすすめするというこちらのラーメン。優しい味わいながら、独特のコクがあって、実に美味かったです。



総括:とにもかくにも鎌倉は最高!!



※この後会社に戻ってめっちゃ働きました。