完走率27%はダテじゃなかった!『OSJ山中温泉トレイルレース(2016)』けど最高な景色も楽しめます

こんにちは、フイナムランニングクラブ♡(以下HRC♡)の水越です。


フレッシュな女性陣のブログが続いた後にブログの登場回数多すぎの僕でちょっと食傷気味かと思いますが、あいかわらずレースに出て来ましたので懲りずにまたrepoさせてください。

今回10月の末に参加してきたのは、
『OSJ山中温泉トレイルレース』
powersports.co.jp

..............................................................................................................................
『OSJ山中温泉トレイルレース(2016)』
・日時・・・2016年10月30日(日)
・舞台・・・石川県加賀市山中温泉
・距離・・・約75km
・累積標高・・・5300m〜6000m ←アバウト
・制限時間・・・17時間
・大会の特徴・・・OSJ(パワースポーツ)が主催するトレランレースの年間最終戦(第11戦)。開湯1300年以上を誇る老舗温泉郷山中温泉」を舞台に、隠れた里山が連なる加南三山ルート、渓流沿いに伸びる癒しのトレイルなど多岐に渡るサーフィスを味わいながら全長75kmの長く厳しい旅路。
..............................................................................................................................

昨年立ち上がったこの大会は、第1回の完走率が27%という驚愕の数字が話題を呼びました。
ただでさえ厳しいコースに加え、昨年は真夏の開催で日中の気温が34℃を超え、ほとんどのランナーが「身のキケンを感じた」という理由からリタイアしたそうです。

ちなみに今年のTシャツはこちら。(スタッフはパープル、ランナーはグレー)
f:id:hynm_hrc:20161128202858j:plain
誇らしげに“27%”が掲げられていますw

そんな過酷なレースだからこそ、「自分なら完走できるのか?」というチャレンジ精神を持った猛者どもが全国から集まっていました。

僕はといえばトレラン始めてまだ1年ちょっとの新参者なのでそんな大それたチャレンジ精神は持っていなく、昨年末にトレランショップ「Run Boys! Run Girls!」の忘年会に参加させて頂いた際に、隣の席に座ったこの大会の発起人 田守さん(通称:タモさん)からそそのかされ(?)、完全にノリで申し込み。

f:id:hynm_hrc:20161128204622j:plain
この人(左)がタモさん。RBRGの桑原さん曰く「ワルい人」(笑)みなさんもレースの勧誘にはご注意を!


あとから出て来る情報を見てみると今の自分にはどう考えてもハードルは高く、知り合いのランナーからも何人かから「あれはヤバイでしょ」「完走できたらメシ奢るよ」(←後日奢ってもらいました)なんて言われ、珍しくレース前にはナーバスになっていました。


ちなみに前日のブリーフィングでは、OSJの代表からこんな脅し文句も。
・コース強度は「ハセツネの1.3倍」「OSJ奥久慈の1.1倍」
・累積標高は「6000m」超え
・第2関門を制限時間通りに過ぎても第3関門には間に合わない(???)

まじビビるんですけど!



■レースあれこれ

☆コース詳細

細かいこと書いても正直走ってみないと分かりにくいと思いますので、今回はだいぶサボります。
こちらの方のブログが面白おかしく、しかも詳細にまとめられているので是非ご覧ください。(了承済)

ameblo.jp

いや〜、面白いす!!


簡潔に言うと、
登りは基本直登で急登下りはつづら折りの少ない急角度な激下り、ていうのがガツンガツンと中盤までに2,3回訪れ、50km近辺の三童子山の延々続くアップダウン、そしてそれらを繋ぐ林道やロードといったコース。
走れる区間は歩かず走り続けないと関門に間に合わないし、エイドも基本OSJならではの世界基準クオリティ(※水とスポドリのみのストイックさ)だし、ほとんどの人はスタートもゴールもヘッドライト必要。
走力体力精神力もすべて注ぎ込んで走ります。


で、いきなり結果から言うと、見事無事に完走!!!
(14時間41分25秒:103位/完走192人中)



RUN for BEER!!!
ゴールして速攻、隣のコンビニでビール買いました!

端折りすぎて全くキツさや感動が伝わりませんが、この日の夜に参加予定だった大会打ち上げ会には力尽きて寝てしまい参加できず。
※まぁその前にビールたくさん呑んでしまったんですが…

とにかく出し切った!
いままで出走したレースの中でも達成感は格別でした!!




☆レースプラン

今回はビビってたこともあって結構入念にレースプランを立ててみました。
ここ最近の自分の完走レースの平均順位が完走者の真ん中前後なので、山中温泉レース昨年のリザルトからちょうど真ん中の順位の人のタイムを洗い出し、それを元に作成。

f:id:hynm_hrc:20161128213729p:plain

赤い囲いが左の枠に対する結果なのですが、
自分でもビックリするぐらいハマりました!!
いままでは特にプランも立てずに勢いで出てましたが、たまにはこういう戦略的なアプローチも良いかも。
12月のIZU TRAIL JOURNEYでも実践してみようかな。




☆景色が最高

f:id:hynm_hrc:20161128215340j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128234644j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128202431j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128202502j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128202522j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128234657j:plain

とにかく山深い。
今年は10月の末に開催ということで紅葉シーズン。木々も色づき始め、空の、雲の、木々ののコントラストが最高☆
林道やロードも多いのですが、渓流やダムの横を通ることも多く、癒やされます。




山中温泉

f:id:hynm_hrc:20161129003528j:plain
f:id:hynm_hrc:20161129003544j:plain
f:id:hynm_hrc:20161129003808j:plain
f:id:hynm_hrc:20161129003408j:plain
f:id:hynm_hrc:20161128215629j:plain
f:id:hynm_hrc:20161129003911j:plain
f:id:hynm_hrc:20161129003938j:plain

渓流の鶴仙渓(かくせんけい)はとても風光明媚。フォトジェニックな<あやとりはし>も美しい。
そして何と言っても海鮮が美味しすぎる!!
ちなみに僕が泊まった鶴仙庵はタモさんのご実家でもあります。



そんなこんなで、昨年の完走率27%ばかりが先行してた『山中温泉トレイルレース』ですが、
景色も最高だったし、温泉も気持ち良かったし、おもてなしも素敵だったし、海鮮も美味すぎてとにかく色々最高な大会でした!!

前後には金沢で遊んでもいいし、是非来年、みなさんも旅行がてら参加してみては?

ちなみに気になる今年の完走率67%(192人完走/283人出走)まで上がったとのことです。



以上、KOSHI KOSHIでした
またね
↑↑↑
RISA RISAの真似

f:id:hynm_hrc:20161128215358j:plain