読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結果は散々でも収穫はある。「第11回 湘南国際マラソン」参戦レポート!

レース・大会 フイナム ランニング クラブ♡

こんにちわ、山本です。


一昨年昨年に続いて3度目の「第11回 湘南国際マラソン」に出場してきました。

先日の「第6回大阪マラソン」で3時間34分という好タイムを叩き出しただけに、サブ3.5という数字が脳裏をかすめますが、札幌出張から直接大磯入りという強行日程のため、あまり気負うことなくレースに望むことに。

f:id:hynm_hrc:20161222172234j:plain
f:id:hynm_hrc:20161226164331j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222173202j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222182539j:plain
f:id:hynm_hrc:20161226164413j:plain

ちなみに今回はチーム・スントで出場。みんなでお揃いのTシャツを着て、腕にはスント スパルタン ウルトラをセットして、スタートの号砲を待ちます。

が、どういうわけか整列のアナウンスが無かったので、ギリギリまでブースで寛いでしまい、急いでスタート位置に向かいます。

f:id:hynm_hrc:20161222172658j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222172720j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222172734j:plain

行ってみたら人・人・人!

身動きも取れないので、指定のグループBにたどり着けず、グループCからスタートすることに。

いざ走ってみると相も変わらずの単調なコース。ただひたすらまっすぐ、平坦な道を折り返し地点を目指して黙々と走ります。

f:id:hynm_hrc:20161222174144j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222174338j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222182453j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222184002j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222184150j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222184046j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222184207j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222185110j:plain

それでも沿道の応援も多く、見回すとちょいちょい知り合いが! ビームスの大川君に、AFEチーム、RED RUN CLUBのイオリくん、走ってる途中にはニューバランス-サイレントハンターズの一員として出場していたゆいちゃんがいたり。

こういった沿道の応援が大きな励みになるのだから、走るってのは孤独なスポーツでないのだと実感させられます。


しかし、困ったことに序盤から脚が重い。前日のスキーがたたったのか、疲労の蓄積なのか。自分にとって心地よい心拍数で走っていても、思いのほか脚が上がらないゆえにスピードも出ない。

折り返し地点を過ぎたあたりからは、徐々にスピードがダウンしていき、25キロくらいから両足の脹脛がピクピク状態。挙句の果てには、走っては攣って、攣っては歩いて、ほぐれた頃に走ったらまた攣って、という最悪の展開に。

それでも一歩ずつ脚を進めていけば、ゴールは近づいてくるわけで。なんとか手もとの時計で3時間56分でゴール!

f:id:hynm_hrc:20161222190432j:plain
f:id:hynm_hrc:20161222190505j:plain

ベストタイムとはほど遠いながらも、この距離を楽しんで走れたのは大きな収穫と言えそう。

脚の痛みはあったけど、約4時間ものあいだ体を動かし続けることに対して、精神的な不安はまったくなかったし。山のミドルレースを重ねたおかげかな。


ちなみにこの翌週に出た「IZU TRAIL Journey(71.7キロ)」も無事完走。その模様は誰がしかがレポートするので乞うご期待。