Vibram Hong Kong 100km 2017 参戦記♪

初めまして、部員の鉄人です。 
変なニックネームですが、最近は愛着が出て参りました~

Vibram Hong Kong 100kmに参戦してきましたーー!!!
メンバーは、部長でもある序盤のIssey、中盤のTetsujin、覚醒した終盤のMasato!と、応援マドンナMioh、の4人で乗り込んできました!

そもそも、なぜ香港へレース?との疑問もあると思いますが、理由は簡単、“UTMFのポイント稼ぎ”です!
ポイント欲しさに香港まで飛んじゃいました~^^
結果、行って良かったです!So exciting race!!

レース概要は、前回も参戦しているIsseyのブログ
hrc.blog.houyhnhnm.jp
をご参考に~

◆Start◆8:00am
8:00amのスタート時間に合わせ、ホテルを出発。
会場で香港のランニングチーム、SD Runnersと合流、そして、たくさんの声援を頂く。
本当に有り難い限りです、Thanks for your support, Mioh and SD Runners!!!

下記、レース前の各ランナーの声明。
Issey : 「僕が一番遅いと思うんで、、、(謙遜)。目標は18時間です、シルバートロフィーは死守ですね」
Masato : 「足とかおしりが痛くて、、、リタイアするかもしれない、、、(謙遜)20時間かかるかも、、、」
Tetsujin : 「17時間切り、目指します!!あわよくば、16時間切って、ゴールドトロフィー欲しいっ!(謙遜なし!)

※解説※
16時間以内ゴール:ゴールド
20時間以内ゴール:シルバー
24時間以内ゴール:ブロンズ  、のトロフィーがもらえるんです!!

f:id:hynm_hrc:20170120230034j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230035j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230036j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230151j:plain

いざスタート!Have a great journey!!
スタートしてから1kmくらいでシングルトラックの登山道に入り、そして混むので、 ダッシュが必要!と、Isseyさんからの助言をもらう。
結構頑張ってペースをあげたつもりだったけど、Issey & Masatoのまぁー、速いこと!
一気に見えなくなってしまいました。

f:id:hynm_hrc:20170120230159j:plain

助言通り、渋滞にハマる、、、しばしの辛抱。
やっと渋滞を抜け、視界も開け、オーシャンビューが広がります^^
ひゃっほ~!天気は快晴とは言えないが、ナイスビューにテンションが上がります!
普段、レース中に写真を撮らない私が、結構撮った!

f:id:hynm_hrc:20170120230227j:plain

CP5(52km)までは、ほとんどロードラン。アップダウン少ない。
前日の大瀬選手の助言では、CP5までは喋りながら走れるペースで行った方が良い、飛ばさないこと!とのことでした。
海を見ながら、ゆっくり走っていると、、、
「日本からですか~?」と話しかけてくる好青年!おっ、そして背が高くてかっこE~!
テンションが更に上がるTetsujin。
どうやら大陸から来た中国人の様です。お名前はセイさん。そして、日本のトレイルレースにめっちゃ詳しい!!
UTMFは当たり前、石川弘樹さんの九州のレースも知ってるし、信越五岳も知ってた!
トレイルレースの話で盛り上がり、たぶん6~8km並走!
最終的には、中国のオススメのレース、3000~4000m級の山々を走るレースをオススメされました~w
興味あるけど、難易度高いんですけどーーー!
最初のエイドポイントである11km地点に到着。
セイさんは先を急ぐとのことで、ここでバイバイ。Thanks for a fun time with me!! Good luck!!

f:id:hynm_hrc:20170120230237j:plain

◆CP(11km)◆9:34am
11km地点。予定通り。順調。このままいけば、16時間切り出来る。楽しーーーー!!!!
次のエイドは21km、28km、36km、45km、そして52kmのCP5!
CP5までは、浜辺を走り、低山を越えてまた浜辺、の繰り返し。
香港の景色を堪能し、「遥々来たな~」なんて、感慨にふけったりしちゃったり。

f:id:hynm_hrc:20170120230309j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230310j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230312j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230313j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230314j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230315j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230316j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230317j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230319j:plain

◆CP2(28km)◆12:22pm
28km到着。メールチェック。あれれ?Isseyさん30分前に着いてるし!
やだな、やだな~、謙遜しちゃって~。“日本人あるある“だわ。謙遜しておいて、ふたを開けてみたら、めっちゃ速いパターンか~。
追いつけるかな、ちょっとギアチェンジしてみよう!まだまだ元気だし!

◆CP3(36km)◆13:35pm
36km到着。あれ?ちょっとペースがまだ遅いなー、17時間ペースになってるな~。
36km(CP3)~45km(CP4)までは、走れるアスファルト!低いアップはあるけれど、走れるところ!
ここは走っておかないと、だな~。
って訳で、急がなければいけないので、ひらすら走る!走る!アップがあっても走る!走る!
逆に歩いたら、めげそうだから、走り続ける。タッタッタッタ、、、タッタッタッタ、、、
後ろからも、タッタッタッタ、、、、 ん??おや??誰か後ろに気配を感じる、、、 影も確認!!
Wow~、誰かがついて来てるぞ。
面白いじゃない!どこまでついてこれるかな~、君!

後ろを振り返ったらかっこ悪いので、どんな人かめっちゃ気になるけど、振り向かないぞ!
タッタッタッタ、、、ぜぇぜぇぜぇ、、、ひたすら走る!

◆CP4(45km)◆14:55pm
背後について来る人がいる、その甲斐もあって、CP4(45km)にあっと言う間に到着!思わず、「Yes!!!!」と叫んでしまった。
すると、ナイズガイが握手を求めてきた!「君、すごいね!ついていくのに精一杯だったよ~、だって登りでも走るんだもん!」
シンガポール人のスティーブンでした。
そうか、そうか、付いてきたのはあなたでしたか~!
スティーブンのお友達も同じエイドにいたので、一緒に写真をパチリ。
おぉ!国際感出てるぞ。いーねー、海外レース!
楽しーーーー!!!!!!!
スティーブンとバイバイし、次はいよいよCP5(52km)!!
MiohとSD Runnersの待っているところへ~

f:id:hynm_hrc:20170120230424j:plain

勢いに乗ったTetsujin。日本人って分かると、話しかけちゃったり。(ゼッケンに国旗が印字されてあるのです!)
前々から気になっていた、抜きつ抜かれつしている日本人に話しかけてみた。
この方、後で知った話だが、家族で来たが嫁と子供は香港ディズニーランドへ行ってしまったんだとさ、、、
おとうちゃん、がんばれw

また日本の国旗発見!今度は女の方。「日本から来たんですか~?」
と、話かけたと同時に、前の方から、「鉄人キターーーーーー!!」との声が。
あら~、これはこれはMasatoくん!追いついた~、てへへ。
内心ガッツポーズ。 yes!!!!!
予定通り、足が痛い模様。でもリタイアはしない!と言い切った!
がんばれよ、青年!

f:id:hynm_hrc:20170120230439j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230440j:plain

◆CP5(52km)◆16:05pm
そして、ついにCP5に到着!
Mioh、お待たせしてしまってすみません!17時間ペースくらいで到着。まずまずかな!
Isseyさんは15分前に到着してるとのこと。
着替えて、SD Runnersの待つところへ~。
みんな笑顔でお出迎え!嬉しいな、こーゆーの!そして、本当に有り難い!
日本から来た、へなちょこランナーの為に、こんなおもてなしをしてくれるとは、感謝感激です。
スタート前にリクエストしておいた、美味しいCoffeeを頂く。あ!ほんとに美味しい、コレ!がぶ飲み、そしておかわり。
次はコンポタージュが!ありがたや~。温まるねぇ。そしてメインは鶏メシ!これがまたおいすぃーーのっ!これもおかわりw
デザートにチョコも頂く。
あ~、このままここに居座っててもいーなー、なんて思うのでありました。

f:id:hynm_hrc:20170120230502j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230504j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230505j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230506j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230508j:plain

しかし、Isseyさんが「そろそろ行きます」とのこと。
「Tetsujinにはすぐに追いつかれると思うんで」と言い残して去ったが、またまた~、謙遜しちゃって、Isseyってば!
Isseyが去った後、Miohに「I want to catch him, hehehe!!」と宣言するたちの悪い私、すみません~!
着替えてる時にMasatoとも会え、なんだかんだでみんなダンゴになってCP5に到着出来た。

居座りたいと思いつつも、先を急ぎたく、渋々この場を去る、、、
Thanks for your support, all guys!! I can’t thank you enough!! See you at CP8!!

CP5を出発して早々、必携品チェックが!
見せるアイテムは、ライト、エマージェンシーシート、携帯電話。
ほほぅ~、あるんだねー、こーゆーの!

CP5以降が、このレースの本番!やっと山道に入ります。
ロードより登山道の方が好きな私にとって、ここからが頑張り時!
さぁー、頑張るぞー、Where is Issey??
この時点で、17時くらい。そろそろ日が暮れてきます。
山の稜線に出ると、風が強く、レインウエアを羽織る。
ロードを抜けて、登山道に来ましたが、、、
香港の登山道って、、、登山道って、、、ほとんど階段やんけ~~~~、涙!!
(後日聞いた話だと、香港人はせっかちなので、くねくね道を作らず、ストレートに階段を作った、とか)
100段ありそーなの階段をひたすら登る~、登る~、休んだら進めなそうなので、休まず進む~~

f:id:hynm_hrc:20170120230531j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230532j:plain

思ったことは、日本人の走力って高いかも?なぜなら、海外選手って粘らない。
階段の途中で休憩している人多いし~。何度、「Excuse me?」と言って追い越したか。

◆CP6(65km)◆19:16pm
順調とは言え、疲労も出てきてるので、全力とは言えない、そこそこのペースでCP6に到着。
ふぅ~っ!とりあえず、おトイレ行きたい。3つあるうちの真ん中のドアを開けようとすると、隣のドアが開き、
なんと、Isseyが出てきた!!!!タイミング良過ぎて、ウケるんですけど~~^^
おぉ~、ここでキャッチしたとは、まずまずかしら、と内心思う、たちの悪い私なのでした~。
ちなみにIsseyがぼそっと呟く。「この区間、手を抜いたつもりは無かったんだけどな、、、」
そーじゃろ、そーじゃろ!でも追い付いちゃった~♪
Issey : 「今後、Tetsujinに追い付く気はしないので、ここで最後かな。ゴールで会おう!Good luck!!
そして、握手!なんか、、、じーーん。
なにかのドラマか?と思うくらい、さわやかなIsseyさんでした。

f:id:hynm_hrc:20170120230548j:plainf:id:hynm_hrc:20170120230549j:plain

まだアドレナリンが出まくっている私。先を急ぎ、CP7へ!
CP6からはまず階段を500mくらい下り、ロードとクロスしている所をまっすぐ進み、また登山道へ。
階段を下り、左に曲がり、アスファルトの道を下る。タッタッタッタ、、、辺りはもう真っ暗。
タッタッタッタ、、、 ふと我に返り、あれ??サインが見つからない!?!?!
レースでは、黄色の再起反射のカードが間隔をあけ、目印になっている。
あれ?でも合ってるよね~?もうちょっと進んでみようかな?
後ろから誰かもついて来てるし~。
んーーーー、やっぱおかしい!サインが見つからない!!!
I’m lost !!!!!!! Omg!! Omg~~~!! 結構下って来たよ、ここまで?!
付いて来たのは、シンガポール男子。わたくし、平謝り!
「I’m soooo sorry!!」 「That’s okay! 僕は後からゆっくり行くから先に行ってていいよ、see you later!!」
おー、なんて優しいんでしょう~!ほんとごめんなさい!
30分無駄にしてしまった、、、もったいない~

◆CP7(73km)◆20:56pm
気を取り直して、なんとかCP7へ到着!
ここのエイド、夜なのにめっちゃ盛り上がってた!!ミュージックがガンガン流れていて、夜なのに子供達がサポートしてくれてて、
なんか元気もらいました~。焚き火もあり、まったりしたかったけど、先を急ぎたかったので、そこそこの滞在時間で出発!

次はやっとみんなの待つCP8へ!!
CP7(73km)からCP8(83km)は、10km。約2時間弱で到着予定。
この区間、猿山を通過します。
道を猿が塞いでいる!それも完全に!!そして、誰かがばら撒いたパンの耳を食べてるんです!
きょ、きょわい!!
真っ暗なので、ヘッデンで辺りを見渡すと、、、お猿以外の野生動物もその辺にいます。
牛、犬、など、、、
みなさん、このレースに出る際には、お気をつけて!

◆CP8(83km)◆22:41pm
そんなこんなでCP8に22:40到着!思ったより、早く到着~。
応援組、あたふた!予想は23時くらいだったらしく、おもてなしの用意まだ出来てません~w
それでも、今回もフライパンとバーナーがあり、香港のトラディショナルなおやきを焼いてくれました!後、エッグタルト♪
そしてCoffee!安定感のある、おもてなしにまた感動~!
エッグタルトは、、、私がスタート前に食べているのを見て、わざわざ買ってきてくれたんだとか、、、きゃ~、ステキ!
こんな夜中の寒い中、朝から移動して応援してくれるみんなに感謝です!

f:id:hynm_hrc:20170120230608j:plain

次はCP9へ!
時間はだいぶ間に合ってなく、このままだと18時間切りも危うい。
さぁて、みんなから元気ももらったし、おトイレ行って、出発しようかなって時に、、、
Oh!Isseyさん到着!CP6でゴールで会おうと、と誓いを交わしたが、また会えました!
でも、Isseyさん、胃腸をやられてるみたい、、、おやきを断ってました。今までの元気はあまりない。
一緒に記念写真を撮って、バイバイ。応援のみんなとも、次はゴールまで会えない。
残り17km。頑張るぞ!!

CP8(83km)からCP9(90km)まで。このレースで1番キツイ区間になりました、、、
コース的には、きつくない。アスファルトのアップダウンをひらすら進む区間
元気があれば、ずっと走れる区間
しかし、出発して程なくして、、、きもちわるい、、、いや~な予感。
多くのランナーに抜かれる。足は元気で走りたいのに、吐き気が、、、
うまく前に進めず、ふらふら歩行~。
手を繋いで、一緒に走っているランナーがいる。Oh! So jealous!!
私、夜中に何やってるんだろう、、、と、ネガティブ思考。負のスパイラルだ!

CP9(90km)◆1:03am
胃腸薬を飲み、なんとか少しは回復。しかし時間がとってもかかって、CP9へ到着。
予定では1時間30分で到着出来る区間を2時間もかかってしまった、、、
後10km。ここで補給しないと10km持たないから、無理矢理バナナを押し込む。
19時間切りも、もはや怪しい、、、
MiohにこれからCP9を出発します、とメールし、出発しようとした、その時、、、
パチーーーンッ!!
誰かに肩を叩かれた!!振り向くと、えええっーーーーー!
Masatoがいる!!!!!
Omg-------!!!!! アンビリーバボー!!

Masato : 「俺、急に覚醒しだしてぇ~、この区間誰にも抜かされてないっす!1時間20分で来ました!」
Oh! 湯気立ってるし~w 真夜中にアドレナリンが出まくってるし~!
と、と、とりあえず、、、Masatoに仕留められたのがショックでしたw
足痛いって、言ってたやんけ~!覚醒ってなんやねん?!
Tetsujin : 「じゃ、じゃあ、抜かされると思うけど、先に行きます!」
内心、やっべー!こりゃ追いつかれるな、、、

ラスト10km。ついにラスボス、大帽山を登ります!
まだ気持ち悪かったんだけど、Masatoに追いつかれない様に、ペースを上げる。
でも、思う様に上げられない!
辺りは濃霧でまったく見えず。前方のランナーもまったく見えない。おまけに雨も降ってきた。
最悪のコンディション。でも!だからこそ、日頃の登山の成果を見せる時。ここで迷ったら、かっこ悪いでしょ~。
この登山道、1本ではないのがミソ。4本くらいに分かれている道はいずれも同じゴールに辿り着く。
しかし、それはゴール後に知った話。
レース中は訳分からず、自分を信じて進むのみ!
ひとり、迷っている中国人の男がいた。「この道あってる?」って聞かれ、「合ってると思うよ」と言葉を交わした。
その後から、この人、私についてくる!
ず、る、い! しかも、男なのに!
ヘッデンとハンドライトで黄色のサインを探しながら、歩を進める。後ろの男は、ただついてくるだけ。イラッ!
ペースを上げて、引き離した!Good bye~
登山道をやっと抜け、アスファルトの道に出た。
サインは登り方向にある。
しばらく歩を進める。しかし、、、途中でサインを見失う。濃霧で視界が見えないからだ!
サインの近くまで行かないと見えない。1度ロストしてるし、不安になり、来た道を下る。
そこへ、登ってくるヘッデン発見!
「この方向合ってますか?」と聞いてみた。
「合ってるよ~」と好青年の声!出た、好青年w
どうやら香港に住んでいる、アメリカ人の様だ。名前はクリス。
日本人って分かると、早速聞いてきた!「UTMF知ってる?」
クリスは2016年の悪天候のレースに参戦していたらしい!
そんなこんなで、イケメンのクリスとお喋りしながら、大帽山の山頂へ~!
クリスは18時間切りを目指していたが、足が痛くなり、ペースダウンしているとのこと。
私の17時間切りを目指していたことは、結構無謀だったみたい?!とこの時思うのであった。
山頂に着き、「僕は足が痛いから走れない、先に行っていいよ、後で会おう!Good luck!!」とバイバイした。
クリスのおかげであっという間で、楽しい区間でした^^

山頂からアスファルトの道を下る、、、右膝にビンビン衝撃が来て、痛い。でも後10kmないでしょ?
と思うと頑張れる!後、、、Masatoに追いつかれませんよーにw
アスファルトの道を抜け、また登山道へ。スタッフに、「後どのくらい?」と聞くと2kmとの声。
よーーーっしゃ!頑張れるぞ!
最後の登山道は階段の下り。これがまた膝にくるのよね、、、とほほ。
進むけど、またまたサインを見失う、、、
黄色のサインはどこ~??前の人も見えない、、、
後ろから人が来たので「Can you find some sign?」って聞いてみた。
そしたら「合ってるでしょ」って、日本語で返された!!!!!!
Masato、キターーーーーーーーーーw
残り1kmでMasatoに仕留められました、涙!
会えて嬉しいような、追いつかれて悲しいような、感情がフツフツと!
そしたら、Masatoが「ここまで来たら、一緒にゴールしましょ♪」だって。
Wow!! なんて優しいんだ~!

◆Finish◆3:22am
ここからゴールまでは、Masatoがどうして覚醒した話や、お互いのロストした話、これまでのレース中で起きた出来事、などをお喋りし、あっという間にゴール地点へ。
お互い、フィナムTeeのロゴが見える様に準備し、Miohに「これからゴールします」とメールし、、、
一緒にFinish~!
夜中3時17分、長い長~い旅が終わりました。

Mioh、Domiさん、SD Runnersのメンバー、こんな真夜中までずっと応援して、待っててくれてありがとう!
ゴールを待たせてしまって、ごめんね~。ちょっと梃子摺ってしまったよ~。
目標タイムは達成出来なかったけど、シルバートロフィーは無事GET!Yeah!

f:id:hynm_hrc:20170120231425j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231431j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231438j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231440j:plain

後はIsseyのゴールを待つのみ。しかし、、、時間はどんどん過ぎていく。
シルバートロフィー獲得には朝4時までにゴールしなければいけない、、、
残り3分、2分、1分、、、Issey現れず、、、
残念、、、。
寒さの限界になり、着替える為、荷物を一旦取りに行く。
ひとりだけトロフィー無しだと、この後気まずいな~なんて、考えながら戻ると、、、
テンションのめっちゃ高いIsseyがいた!!
なんと!シルバートロフィーGET!
そうだった、そうだった、ウェーブスタートだったんだーー!
5分遅れでスタートした為、20時間の3分前ゴールだったのだ!
Yeaaaahhhhh!! Congratulations, Issey!!
あんなにテンションの高いIsseyは見たことありませんでしたw 
良かったね^^

f:id:hynm_hrc:20170120231453j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231457j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231500j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231503j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231507j:plain

こうして、フィナムのランナー3人衆のウルトラトレイルレースの旅は終わりました。

=Finish time=
◆19時間57分35秒:CP5まで先頭を快走したロードに強い、序盤のIssey
◆19時間17分47秒:CP5以降からの登山道に強い、中盤のTetsujin
◆19時間17分52秒:痛みを持ちながらのスタートだったが、覚醒した終盤のMasato

f:id:hynm_hrc:20170120230802j:plain f:id:hynm_hrc:20170120230803j:plain

抜きつ抜かれつ、励まし合い、戦い合い、、、それはそれは、本当に楽しいレースでした!
こうやって、無事に笑顔でみんなゴール出来たのも、Mioh達がスタートからゴールまで応援してくれたおかげです。
Thank you so much for everything!!!!

f:id:hynm_hrc:20170120231521j:plain f:id:hynm_hrc:20170120231523j:plain

そして、ホテルに着いて早々、トロフィーを落として、ポキッと割ったのは、、、私ですw

f:id:hynm_hrc:20170120230828j:plain

◆トリップ編、グループランin HK編、はまた続きます、、、 See you soon!!