読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさにジャーニー!2016年最高の思い出!ITJ!

こにゃにゃちは!HRC♡の兼子&岡田です。
昨日2/1(水)はスパトレイル、ハセツネ30Kのエントリーでしたね!

f:id:hynm_hrc:20170112011827j:plain


「逃げ恥」、「君の名は」、「PPAP」、「ポケモンGO」、「リオ五輪などなど、
2016年も色んなおもしろコンテンツに心が躍りましたが、
僕たち的に2016年最も楽しかったのが「伊豆トレイルジャーニー2016(通称:ITJ)」!
そう。走るは辛いが為になる! トレイルランニングの大会でございます!

という事で、今回はそんな最高の思い出
12/10(土)、11(日)にHRC♡メンバーで参加した
伊豆トレイルジャーニー2016をレポートいたします!
(今更でスミマセン、、、)
今年のレース計画の参考になれば幸いでございます!

まずは大会のプロフィール。
☆伊豆トレイルジャーニー2016
距離:71.7km、累積標高4,408m
UTMB 資格審査レース申請予定(4 ポイント※新ポイント換算)
制限時間:14時間(6:00〜20:00)
出走者数:1,548名

(伊豆トレイルジャーニーHP
http://www.izutrailjourney.com/result_2016.html
より)

コースは、西伊豆にある松崎新港から修善寺まで。伊豆半島をググッと上がっていきます。
f:id:hynm_hrc:20170111184709j:plain

詳しいコースはこちら
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1ov-8ffOmmBpTQPl_eRt4fYbOHf8&ll=34.76298384373013%2C138.7747768641343&z=14

鏑木毅さんがコースプロデュースする大会で、
大会コンセプトは「新しい伊豆の旅の創造」。
コースロケーション、大会運営も素敵♡という事で、評判もグッ!!
そのため、エントリーは抽選になってしまう人気っプリ。
シーズン的に年内ラストレースと位置付けているランナーも多いと思います。


コースはこんな感じ。
左手に駿河湾を見ながら走るコース。
f:id:hynm_hrc:20170111195941j:plain
f:id:hynm_hrc:20170112011529j:plain
(ラッキーな人は)富士山も見える!
f:id:hynm_hrc:20170111200213j:plain

そして駿河湾に沈む夕日が綺麗だ!!
f:id:hynm_hrc:20170111200339j:plain

走れば笑顔に!山本副部長&杉山さんのナイススマイル!!
f:id:hynm_hrc:20170111201358j:plain
(Photo by 杉山紀信先生)

走りやすく、素晴らしい景色が楽しめる!
あぁ思い出すとまた行きたくなる…

嫌になるほどの急登があるわけでもなく、基本走れるコース。が故に、序盤での飛ばしすぎは要注意!
前日のブリーフィングでも説明があります。
ハセツネと比較されがちなコーススペックですが、ハセツネよりも1〜2時間早く走れるよう。
50km以上のトレイルを走るのが初めてでしたが、このクラスのレースの中では走りやすい方だと思います。

目がハートになったとこで、前日からの思い出をどうぞ。

12/10(土)
< 前日ブリーフィング、荷物チェック>
スタート近くの会場でブリーフィング&必携品のチェックワンツー!
荷物は各項目ごとにチェックされます。
f:id:hynm_hrc:20170111200821j:plain

そして、地元料理の振る舞いも!
f:id:hynm_hrc:20170111200910j:plain

宿の近くにコンビニがない。。。。なんてざらなので、
この受付会場近くにコンビニとスーパーで買い出しをするのがオススメ。


<お宿>
今回泊まったのは、こちら。宿「大漁」さん。
f:id:hynm_hrc:20170111201248j:plain
美味しい料理と優しく気さくなご主人が何ともサイコー!
f:id:hynm_hrc:20170111201557j:plain
舟盛り、煮魚などなど豪華なご飯が所狭しと!!

f:id:hynm_hrc:20170111201614j:plain
終始、気さくに対応してくれたご主人!元気出たぜマジで!

前日の宴はレース前の儀式!ビールに始まり、チュウハイ、ウイスキーなど愉快なメンバーと美味しい酒を楽しむ。(ビールは宿近くの自販機にも売ってたみたい)
f:id:hynm_hrc:20170111201729j:plain

就寝したのは、、、、はて何時だっけ。。お酒で記憶が、、



12/11(日)
そしてそしてそしてそして!!いよいよレース当日!
朝6時のスタートを待つ会場の様子。
f:id:hynm_hrc:20170111235649j:plain
f:id:hynm_hrc:20170111235736j:plain
夜明け前の真っ暗な港。
そこにヘッドライトをつけたトレイルランナーが1,500名以上!全員猛者に見える!笑
武者震いか、それともただ寒いだけか。。震えるぜ。。。まじで。

スタート前にパシャり!
f:id:hynm_hrc:20170111203009j:plain

スタート前の緊張感、そしてこれから始まる約72kmのジャーニーにワクワクする高揚感が入り混じります。
(ここに立った時、「一人前のトレイルランナーになった!」そんな感じがしました。感動。。)


エイドは全部で4箇所。(ウォータエイド1箇所、エイド3箇所)
特に、A2のうどん、A3の猪汁
は冷えきった身体を優しく溶かしてくれて、げっきウマでした。
(食べるのに夢中で写真忘れました。。。)


そして、ゴール後の記念撮影!みんな良い表情!!
f:id:hynm_hrc:20170111194002j:plain
いや〜〜良い大会でした!!

素敵な景観あり、
走りごたえあり、
感動あり、
達成感あり、、、
あり、あり、アリアリ、
ハメドアリ!


f:id:hynm_hrc:20170112020623j:plain
「 Impossible is nothing!!」


さぁ最後に、装備ついて!!

必携品が定められている大会。しかも50km以上のトレイルが初めてだったため、
二人とも装備はメッチャ悩みました。特に上のウエアリング。
「防寒着はどの程度必要なのか?」「12月の山、72kmなんて走った事ねーから、寒いのか?暑いのか?」
「何着たらイイんだ〜〜〜!!??」

もお不安で、不安で、、、悩んで、悩んで、、、疲れて、疲れて、、、、
夜はいつもよりグッスリ。スヤスヤ。

朝起きたら、見たことない部屋。。。
「あれれ?ここはどこだ?」
カラダがもぞもぞ、、、胸にふっくら2つの山が、、、
「わぁ〜女性になってる〜〜〜!!!」 (映画「君の名は」のワンシーンより)

ということで、伊豆トレイルのサポートもしている、さかいや(ウエア館)へ!
スタッフの方に相談してみたらバッチリ解決!!

結局、
岡田は、いつもの鉄板インナー ファイントラック スキンメッシュに、
ノースフェイス ハイブリッドアルファフーディを着用!
f:id:hynm_hrc:20170112020843j:plain
下は、ロングタイツというウエアリング。
結果、スタートからゴールまでこのまま。にわか雨が降った時にフーディニを羽織るも基本はこのスタイルでした。
12月の伊豆、晴れ、スタートは気温4℃、12時には12℃。とはいえ、
コースである山の中は基本的に日陰。
寒さ対策は、段階的に温度調整ができるようレイヤリングを考えておくのが吉!


岡田よりも汗を多くかく兼子は、岡田同様、鉄板インナー ファイントラック スキンメッシュに、
ノースフェイス ハイブリッドデルタジップアップを着用!
f:id:hynm_hrc:20170130125413j:plain
春夏の登山用ウェアなので、メッシュ部分が多く通気性抜群。
でも、袖から全面はしっかりとグリット構造のメッシュでちょっとした寒さにも対応。
正直寒かったですが、汗っかきの僕としてはどれだけ透湿性を高く保てるかも重要なので、
このチョイスは正解だったかもしれません。



以上、めっちゃ楽しかった伊豆トレイルジャーニー2016のレポートでした〜
「YOUも今年出ちゃいなよ!」