ラン、ジム、街履きもOK! とにかく汎用性の高いランニングシューズがこちらです。

どうも、こんちわ、山本です。


先日、グループランで試し履きをしたリーボックの新しいランニングシューズ「フュージョン フレックスウィーブ」。

2017年には「フロートライド」がランニング専門誌『ランナーズワールド』でベストデビュー賞を受賞し、ランニングシーンにおいても存在感を増してきているリーボックによる渾身の一足の履き心地はいかがなものか。早速、レビューしていきます。


とにかく軽い! なぜなら…。

f:id:hynm_hrc:20180613223757j:plain

手に持った瞬間に驚くのが、その軽さです。片足で約260g(27.0cm)となり、この軽さをカタチにしたのがリーボックの独自の最新アッパーテクノロジー「フレックスウィーブ」になります。

「8の字織り」構造を採用したこのテクノロジー。その最大の特徴は織りによって、異なる繊維を組み合わせられ、なおかつ密度を変えられること。

前足部にはサポート、柔軟性、通気性に長けたシェニール糸を使い、後足部は安定性を高めるTPEEとポリエステルヤーンの組み合わせるなど、適材適所に合わせた機能を備えた一枚布になっています。

f:id:hynm_hrc:20180613224019j:plain
前足部のアッパー。通気性を確保するため織りの密度が広くなっているのが見て取れます


ソフト過ぎない履き心地が、逆にいい。

f:id:hynm_hrc:20180613230526j:plain

実際に足を入れてみると、近年主流のニットアッパーに比べて足当たりは硬い印象を受けます。でも、この硬さが、逆に好印象。ときに足ズレの原因にもなるニットアッパーの柔らかな履き心地よりも、きっちりとサポートされていることが実感できます。


f:id:hynm_hrc:20180613225023j:plain

また溶接されたヒールカウンターにより、踵をしっかりとホールドすることで、安定感のある走りを可能にしてくれます。


f:id:hynm_hrc:20180613224829j:plain

ミッドソールには「フロートライドコア」を搭載。実際に走ってみると、浮遊しているような感覚のフロートライドフォームの特性を継承しながら、これまで以上に反発性を感じさせてくれます。


f:id:hynm_hrc:20180613230815j:plain

またアウトソールのメタスプリットという構造は、地面を的確に捉えながらも、屈曲性が抜群。前後左右へとフレキシブルに動けるため、ランニングのみならずフィットネスシーンでも対応可能です。


ミニマムな構造が生んだパフォーマンスシューズならではの美しさ。

f:id:hynm_hrc:20180613230931j:plain
f:id:hynm_hrc:20180613232044j:plainf:id:hynm_hrc:20180613232057j:plain

さらに一枚布ならではのミニマムな構造によるスマートなルックスも見逃せないポイント。ヒールやタンのロゴも同色にすることで、パフォーマンスシューズ本来の美しさを損なうことなく、タウンユースでも映えるスタイリッシュな仕上がりとなっています。

フィットネスシーンにおいて圧倒的な信頼性を誇るリーボックならではのアプローチによるランニングシューズ「フュージョン フレックスウィーブ」。

ランニングやジムでのトレーニング、さらに街履きとして、あらゆるシーンで活躍する汎用性の高い一足だと思います。


それでは最後にグループランの模様をご覧ください。

f:id:hynm_hrc:20180614142908j:plainf:id:hynm_hrc:20180614142916j:plainf:id:hynm_hrc:20180614142924j:plain
f:id:hynm_hrc:20180614143027j:plain
f:id:hynm_hrc:20180614142912j:plain


Reebok Flexweave特設サイト
https://reebok.jp/flexweave/