せっかくニューヨークに行ったので、街を走りまくってきたよ。

部長の榎本です。

先日、ニューヨークシティマラソンに参加してきたわけですが、現地に滞在中、マラソン以外に何をしていたかというと、走ってばかりいました。

現地に着いたら、まずは時差ボケ解消ラン
翌日、目覚めたら朝ラン
夜は飲みに行く前にナイトラン
昼も空いた時間に観光がてらランニング

移動も基本ランニングで。
地下鉄やタクシーはたまに使う程度。
ニューヨークはコンパクトな街だから、たいていのところは走っていけちゃうんですよね。

その結果、一週間の滞在中、レースを含めた総走行距離は、なんと100km超!
自分でもびっくり。

もともと旅とランニングは相性抜群だけど、ニューヨークのそれはまた格別。
以下では僕が現地で走ったコースなどをいくつか紹介します。

【1:ウィリアムズバーグ周遊モーニングラン】

f:id:hynm_hrc:20181111032610j:plain

ニューヨーク到着の翌朝、スポーツヘッドホンブランド「Jaybird(ジェイバード)」のランイベントに参加。
ブルックリンのなかでも特にヒップなエリアとされるウィリアムズバーグ周辺を5kmほどラン。

f:id:hynm_hrc:20181111032637j:plain

先導してくれたのはBLACK ROSESという現地のランニングチーム。

f:id:hynm_hrc:20181111032657j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111032712j:plain

BLACK ROSESというだけあって、全身黒づくめのランナーが多かった印象。
そしてタイツ着用率高し。
パタゴニアのTシャツに山と道のショーツという、トレイルランニングの延長的なスタイルだった僕は、若干浮いていたような。

f:id:hynm_hrc:20181111032724j:plain

仕事でニューヨークに来ていた南井さんもいっしょに。

f:id:hynm_hrc:20181111032820j:plain

途中でイーストリバー州立公園にふらっと立ち寄り。
川越しにマンハッタンの摩天楼が。

f:id:hynm_hrc:20181111032752j:plain

総勢30人くらい参加していたのかな。
なかなか賑やかなグループランでした。

f:id:hynm_hrc:20181111032909j:plain

ちなみにJaybirdは僕もX4というモデルを愛用していますが、すこぶる調子いい。
アプリもよくできてます。


【2:ブルックリンブリッジ〜マンハッタン〜ウィリアムズバーグ周遊ラン】

f:id:hynm_hrc:20181111033511j:plain

朝に5km走ったものの、微妙に物足りない感じだったので、昼もまた走ることに。

今度はブルックリンを起点にブルックリンブリッジをわたってマンハッタン方面へ。

f:id:hynm_hrc:20181111033626j:plain

ニューヨークを訪れるたびに来ていますが、やっぱりここ、最高です。

f:id:hynm_hrc:20181111032549j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111033810j:plain

ただ、昼間はちょっと人が多すぎですね。
走るなら早朝がおすすめ。

f:id:hynm_hrc:20181111034126j:plain

橋をわたってからは、マンハッタンを北上し、ミッドタウンの「DOUGH」で腹ごしらえ。
ふわふわのドーナツが美味。
ここはブルックリンが本店ですが、どんどん店舗が増えているようです。

f:id:hynm_hrc:20181111044504j:plain

ニューヨーク観光のド定番、タイムズスクエアにも立ち寄りつつ、滞在先のウィリアムズバーグへ。
トータル20kmのランでした。


【3:ウィリアムズバーグ周遊ナイトラン】

f:id:hynm_hrc:20181111034546j:plain

夜は再びJaybird主催のランイベントに参加。

f:id:hynm_hrc:20181111034747j:plain

f:id:hynm_hrc:20181111034801j:plain

ウィリアムズバーグの夜の街を颯爽と走るランナーたち。
このあたりはマンハッタンと違って人もクルマも少なく、ネオンも控えめで落ち着いた雰囲気。

f:id:hynm_hrc:20181111034816j:plain

途中、またまたイーストリバー州立公園へ。

f:id:hynm_hrc:20181111034829j:plain

ニューヨークらしい夜景も堪能。
爽快な朝もいいですが、ナイトランもなかなか良いですね。

【4:マラソンのゼッケン受け取りラン】

f:id:hynm_hrc:20181111035514j:plain

翌日はニューヨークシティマラソンのゼッケン受け取りへ。

受付会場のジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターへのアクセスを調べてみたところ、滞在先のウィリアムズバーグのホテルから10kmほどであることが判明。
なーんだ、それなら走っていけるじゃん。
と考えてしまうのはランナーあるあるかと。

というわけで、当初は地下鉄で行こうと思ってたけど、方針変更。
せっかくなので朝ランがてら走っていくことに。

f:id:hynm_hrc:20181111035943j:plain

ウィリアムズバーグブリッジをわたってマンハッタン方面へ。
この橋はブルックリンブリッジと違ってフェンスがあり、眺めはいまいち。

f:id:hynm_hrc:20181111040057j:plain

マンハッタンを走っていると、高層ビルをバックにゆらめく星条旗が。
自分がいまニューヨークにいることを実感します。

f:id:hynm_hrc:20181111040331j:plain

ホテルを出発して約1時間、ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターに到着。

f:id:hynm_hrc:20181111040357j:plain

無事にゼッケンを受け取り、EXPO会場でお土産を買い込み、地下鉄でホテルへ戻りました。


【5:ウィリアムズバーグ〜ブルックリンブリッジ〜マンハッタン周遊ラン】

f:id:hynm_hrc:20181111040606j:plain

翌朝は同行者のリクエストで再びブルックリンブリッジへ。

f:id:hynm_hrc:20181111040904j:plain

スタートは朝7:30。季節的には日の出直後の時間帯。
前日とうってかわってあいにくの空模様だったけど、これはこれで雰囲気がありますね。

f:id:hynm_hrc:20181111040932j:plain

早朝のブルックリンブリッジは人が少なくて走りやすい。

f:id:hynm_hrc:20181111041225j:plain

マンハッタンにわたってから、橋のたもとのすぐ近くにある「GDG Bakery cafe」で朝食を。
ほうれん草のパイが美味。

帰りはウィリアムズバーグブリッジをわたってホテルへ戻ったのですが、、、

f:id:hynm_hrc:20181111041336j:plain

上半身裸のランナーに遭遇!
この日の朝はまあまあ肌寒かったんだけど。
ニューヨークのランナーは元気ですな。

というわけで、ここまでの総走行距離は約60km。
翌日のニューヨークシティマラソンとあわせて、滞在中に走った距離の合計が100kmを超えたという次第です。

さすがに走り過ぎじゃないの? 疲れが残っちゃうんじゃないの?
と思うかもしれません。
そのとおりだと思います。
ラソンを直前に控えたランナーがやることじゃない。
でも、せっかくニューヨークに来たんだから、走って走って走りまくらないともったいない、と個人的には思うわけです。
ニューヨークほど走って楽しい街はそうそうないですから、ね。

ニューヨークシティマラソン当日の模様についてはまた追って。